防げ糖尿病重症化 日本生命、健康管理サービス試行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は日本生命病院で、糖尿病の重症化を防ぐ健康管理サービスの試行を始めた。

同社の社員30人が被験者となる。

センサーを使い血糖値などを常時計り、生活習慣改善の細やかな指導を受ける。

試行を通じ改良し、2019年にも健康保険組合や地方自治体向けにサービスを開始する。

医療費の抑制に有効な策として訴求し、生保とのセット販売も視野に入れる。

被験者は食後などに血糖値を知りたい場合、センサーの端末を見て確認できる。

体脂肪率や筋肉量といった体組成、血圧、消費カロリーも朝と夜に毎日計る。

保健師と計測データを共有し、食事や運動などに取り入れて有効な改善につなげる。

被験者の男性は、「保健師の力も借り健康改善を図りたい」と決意していた。

(日刊工業新聞 2018/06/26)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-15

    「就業不能保険」新商品相次ぐ

    病気やケガで働けなくなると保険金が出る「就業不能保険」の新商品が相次いでいる。 ​一家の大黒柱が働…
  2. 2017-6-2

    ビッグデータ専門家を争奪

    大量の情報を収集・分析する「ビッグデータ」の活用が、保険業界に広がってきた。 ドライブレコーダーの…
  3. 2017-8-30

    チューリッヒ生命 終身医療保険の保険料引き下げ

    チューリッヒ生命保険は、9月2日から終身医療保険2商品の保険料を見直し、30-40代が加入しやすい価…
  4. 2017-11-10

    分かりやすく

    「パンフレットなどを見やすく改善したことで、2017年上期の問い合わせ数が前年同期に比べ20%減った…
  5. 2017-4-27

    T&Dフィナンシャル生命 円建て終身保険再開

    T&Dフィナンシャル生命保険は円建て終身保険の販売を5月1日に再開する。​ 日銀のマイナス金利政策…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る