健保 生保が助っ人(明治安田や日生 従業員の健康指導)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次ぎ打ち出す。

​明治安田生命保険が21日に新事業を開始、最大手の日本生命保険も2018年度に参入する。

医療費の高騰で17年度は健保組合の約7割が赤字を見込む。

従業員の病気を未然に防ぐサービスを提供し、団体保険の加入増につなげる。

以下、明治安田生命とFiNCとの共同サービス、日本生命と野村総研、リクルートHDとの健康支援サービス、第一生命のアプリサービス、住友生命のストレスチェック紹介について紹介。

(日本経済新聞 2017/06/21)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-31

    三井住友海上 中国で生保

    三井住友海上火災保険は23日、中国の生命保険市場に参入すると発表した。 大手銀行「交通銀行」傘下の…
  2. 2018-1-22

    保険金支払い 査定はAIで 明治安田 4月にも

    ​明治安田生命の根岸秋男社長が、保険金や人口知能(AI)を活用し、業務の効率化を進めて査定業務の時間…
  3. 2018-1-11

    2018成長への展望 機動的な新商品の供給体制を整える 日本生命保険社長 筒井義信さん

    ​三井生命との商品の相互供給は軌道に乗りつつある。 成果を見極めつつ、第2弾、第3弾へとつなげたい…
  4. 2017-3-3

    ⑤入院時のその他の費用

    入院時食事療養費 入院時の食事は現物給付されますが、一部分の金額は自己負担となります。1食360円…
  5. 2017-2-28

    時間

    私は、人生でもっとも大事なものは「時間」だと思っています。 確かに若いうちはそんなことを考えてはい…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る