健保 生保が助っ人(明治安田や日生 従業員の健康指導)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次ぎ打ち出す。

​明治安田生命保険が21日に新事業を開始、最大手の日本生命保険も2018年度に参入する。

医療費の高騰で17年度は健保組合の約7割が赤字を見込む。

従業員の病気を未然に防ぐサービスを提供し、団体保険の加入増につなげる。

以下、明治安田生命とFiNCとの共同サービス、日本生命と野村総研、リクルートHDとの健康支援サービス、第一生命のアプリサービス、住友生命のストレスチェック紹介について紹介。

(日本経済新聞 2017/06/21)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    ②必要保障額シミュレーションと提案書のポイント

    必要保障額シミュレーションと提案書のポイントですが、まず、ここで思い出していただきたいのが、営業セオ…
  2. 2017-2-27

    3.情報の価値を上げる

    もし、がんになったとしたら、まず何を望むでしょうか。 いろいろあると思いますが、がん患者は、がんを…
  3. 2017-6-30

    太陽光ファンドに出資 日生100億円大同生命20億円

    日本生命保険と大同生命保険は29日、GEEFSエナジー・ジャパン合同会社が設立した太陽光発電事業向け…
  4. 2017-3-6

    2.相続対策関連知識②

    【関連知識】生前贈与の特例 直系尊属からの教育資金の一括贈与の特例 平成25年4月1日から平成3…
  5. 2018-10-2

    円建て貯蓄保険 地銀で販売再開 日本生命

    日本生命保険は10月から円建ての貯蓄性保険の取り扱いを地方銀行など24行で再開する。 低金利による…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る