健保 生保が助っ人(明治安田や日生 従業員の健康指導)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次ぎ打ち出す。

​明治安田生命保険が21日に新事業を開始、最大手の日本生命保険も2018年度に参入する。

医療費の高騰で17年度は健保組合の約7割が赤字を見込む。

従業員の病気を未然に防ぐサービスを提供し、団体保険の加入増につなげる。

以下、明治安田生命とFiNCとの共同サービス、日本生命と野村総研、リクルートHDとの健康支援サービス、第一生命のアプリサービス、住友生命のストレスチェック紹介について紹介。

(日本経済新聞 2017/06/21)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-31

    地域銀 法人保険の推進強化

    地域銀行は、法人保険の提案を積極化させる。 本業での収益確保が厳しいなか、役務収益の新たな柱に育て…
  2. 2017-11-16

    ガンになった場合の2つのリスク

    身近な病気と言われている「がん」についてのお話 現代では、おおよそ2人に1人が、がんと診断され、約…
  3. 2017-4-5

    大同生命 中小の健康経営支援

    大同生命保険は、「健康経営」を実践するための支援ツール「ケンコウ・サポート・プログラム」を中小企業向…
  4. 2018-4-3

    活用広がる 生保、健康情報で保険料削減 小売り、店内カメラで行動分析

    ​人の身体的特徴や行動パターンといった「生体データ」を活用した新たなサービスが、保険や小売りの分野で…
  5. 2017-12-1

    RPA・AIで「働き方改革」

    ​データ取得や入力、確認などの作業を人間の代わりに行う、ロボティック・プロセス・オートメーション(R…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る