保険料が全額戻る医療保険も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月2日以降に結ぶ契約から、貯蓄性のある生命保険の保険料は、多くのケースで値上がりしています。

保険料を計算する際のベースになる「標準利率」の引き下げが原因です。

スポンサーリンク


​保険料の値上がりで新規加入や見直しを思いとどまった方もいるようですが、上がったのは「貯蓄性のある保険」。

医療保険や収入保障保険、定期保険のような「貯蓄性のない保険」の多くは、保険料を改定していません。

また、貯蓄性を求めるのが難しい昨今ですが、医療保険は「支払った保険料の全額が戻る商品」があります。

運用益で保障を提供する仕組みで、東京海上日動あんしん生命やメディケア生命で扱っています。

スポンサーリンク


東京海上日動あんしん生命が扱うのは「メディカルKitR」と「メディカルKitラヴR」。

前者は、健康上、告知に問題がない方向けの医療保険で、後者は持病がある方向けの医療保険です。

メディケア生命の「メディフィットリターン」も基本的な仕組みは同じですが、保険料全額が戻るタイプと、保険料の全額に5%分上乗せした額が戻るタイプを選択できます。

(産経新聞 2017/05/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-3

    意見交換会で提起した論点を公表

    金融庁は​7月7日、業界団体との意見交換会で提起した論点を公表した。 生保協会及び生損保両協会共通…
  2. 2017-2-27

    1.会う回数が多いほど親しくなる

    これは有名なザイオンス効果といわれるものですね。 人は人と出会う回数が多くなればなるほど、緊張せず…
  3. 2017-10-6

    日生、米系生保買収へ 1000~2000億円 銀行窓販を強化

    日本生命保険は中堅のマスミューチュアル生命保険を買収する最終交渉に入った。 株式の過半を取得する方…
  4. 2017-8-22

    日生、外貨建てで運用 生存給付金付き変額保険

    日本生命保険は21日、外貨建ての生存給付金付き変額保険を10月に発売すると発表した。​ 保険料を一…
  5. 2017-4-27

    生保、外債投資伸び鈍化

    国債利回りの低下を背景に膨らんできた生命保険会社による外国債券への投資にブレーキがかかりそうだ。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る