健康増進型保険で専門部署 住生、開発機能など集約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険は7月に発売した健康増進型保険「バイタリティー」の開発や営業推進を行う専門部署を10月にも設立する。

バイタリティーの特徴である契約者特典の充実化や健康増進プログラムの開発、営業推進などの機能を専門部署に集約する。

同社が一商品の専門部署を立ち上げるのは初めてとみられ、生保業界でも異例の取り組みだ。

バイタリティーを中核商品に育成するのが狙い。

(日刊工業新聞 2018/08/29)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-26

    日生 農地投資参入へ

    ​日本生命保険は、農地の購入や開発を手がけるファンドに投資する方針を明らかにした。 日本銀行のマイ…
  2. 2017-9-28

    広がる「親介護保険」 別居も補償 離職の抑制期待

    親が要介護になった場合に補償金が支払われる「親介護保険」が広がり始めている。 介護に伴う経済的負担…
  3. 2018-12-7

    太陽生命、認知症の相関を産学共同研究

    太陽生命保険は4日、滋賀大学、滋賀医科大学と認知症の共同研究を始めたと発表した。 太陽生命保…
  4. 2018-1-24

    公的保険徹底マスターの重要性

    年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。 政府は原則65歳としている(…
  5. 2018-12-17

    外貨建て保険、監督強化 誤解招く利回り説明を見直しへ

    金融庁が生命保険会社の外貨建て保険の監督強化に乗り出した。 超低金利の中で高利回りの外貨建て…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る