健康増進型保険で専門部署 住生、開発機能など集約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険は7月に発売した健康増進型保険「バイタリティー」の開発や営業推進を行う専門部署を10月にも設立する。

バイタリティーの特徴である契約者特典の充実化や健康増進プログラムの開発、営業推進などの機能を専門部署に集約する。

同社が一商品の専門部署を立ち上げるのは初めてとみられ、生保業界でも異例の取り組みだ。

バイタリティーを中核商品に育成するのが狙い。

(日刊工業新聞 2018/08/29)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-18

    生活習慣病リスク予測 健診データAIが分析

    NTTとNTTデータは16日、糖尿病など生活習慣病の発症リスクを人工知能で予測するシステムを開発した…
  2. 2018-1-25

    生保健康診査 テレビで 大同 業界初の導入

    ​T&DHD傘下の大同生命は2月から、テレビ電話を活用して、医師の健康診査なしで高額の生命保…
  3. 2017-3-16

    貯蓄型保険 値上げの春 ​マイナス金利の影響で運用悪化

    貯蓄型の終身保険や学資保険などの保険料が、4月に一斉値上げされる。 日本銀行のマイナス金利政策で保…
  4. 2017-3-9

    4.企業会計の原則

    企業会計原則 企業会計においては、○○の原則といった言葉が出てくることがあります。 これは企…
  5. 2018-1-17

    日生、社内トライアル 唾液でがん診断

    日本生命保険は唾液でがんの罹患リスクをチェックする検査機器「サリバーチェッカー」の社内トライアルを開…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る