第一生命HD、健康増進アプリをかんぽに提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「健康第一」アプリ

第一生命ホールディングス(HD)は22日、同HD子会社のQOLead(キュオリード、東京都渋谷区、岩井泰雅社長)が、かんぽ生命保険にスマートフォン用の健康増進アプリケーション(応用ソフト)を提供すると発表した。

かんぽ生命はアプリをカスタマイズし2019年1月から同社顧客などに提供する。

​同HD傘下の第一生命保険が開発した「健康第一」アプリを提供する。

アプリはカメラを起動したスマホを健康診断書にかざすだけで、検診結果を読み取り、自身の健康状況などを教えてくれる。

食生活や運動習慣の改善などを促す。

(日刊工業新聞 2018/10/23)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-22

    2.相続税法の改正事項

    相続税法の改正事項① 相続税法の改正(平成27年1月1日から施行) 相続税法の改正事項② 「遺…
  2. 2018-1-29

    楽天、損保に参入

    楽天は野村ホールディングス傘下の損害保険会社、朝日火災海上保険を買収する。 400億~500億円を…
  3. 2018-12-7

    生保 海外子会社トップに聞く

    長引く低金利などから2010年代に相次いだ生命保険大手の海外での同業買収。 当時は「高い買い…
  4. 2017-9-20

    「健康増進サポートプロジェクト」生命保険協会が発表!

    「健康増進サポートプロジェクト」 スポーツを通じた健康増進を促すための取り組みを進めることにより、…
  5. 2018-1-18

    展望日本経済2018 医療・介護分野に期待 東京海上HD社長 永野毅氏

    損保と生保の中間的な医療や介護分野は大きく伸びていく可能性がある。 ​ーーどのようなサービスや分野…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る