第一生命HD、健康増進アプリをかんぽに提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「健康第一」アプリ

第一生命ホールディングス(HD)は22日、同HD子会社のQOLead(キュオリード、東京都渋谷区、岩井泰雅社長)が、かんぽ生命保険にスマートフォン用の健康増進アプリケーション(応用ソフト)を提供すると発表した。

かんぽ生命はアプリをカスタマイズし2019年1月から同社顧客などに提供する。

​同HD傘下の第一生命保険が開発した「健康第一」アプリを提供する。

アプリはカメラを起動したスマホを健康診断書にかざすだけで、検診結果を読み取り、自身の健康状況などを教えてくれる。

食生活や運動習慣の改善などを促す。

(日刊工業新聞 2018/10/23)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-25

    定年延長シニアを生かす 明治安田/日生 豊富な経験・知識が魅力

    人手不足や技能承継などを背景に定年を一般的な60歳ではなく、65歳以上に引き上げる企業が増えている。…
  2. 2017-8-3

    ”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

    かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に…
  3. 2017-9-28

    第一生命 糖尿病患者加入基準緩め契約増

    糖尿病患者加入基準緩め契約増 第一生命保険は、糖尿病患者でも健康な人と同じ保険に入れるよう昨年10…
  4. 2017-7-5

    大手生保3社、海外や健康事業など強化

    ​日本生命保険、住友生命保険、明治安田生命保険の大手生保3社は4日、株主総会に当たる相互会社の総代会…
  5. 2018-3-26

    日本生命 糖尿病予備軍向けの予防プログラム

    ​日本生命保険は23日、生活習慣病の重症化予防プログラムの研究・開発に取り組む計画を発表した。 第…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る