第一生命HD、健康増進アプリをかんぽに提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「健康第一」アプリ

第一生命ホールディングス(HD)は22日、同HD子会社のQOLead(キュオリード、東京都渋谷区、岩井泰雅社長)が、かんぽ生命保険にスマートフォン用の健康増進アプリケーション(応用ソフト)を提供すると発表した。

かんぽ生命はアプリをカスタマイズし2019年1月から同社顧客などに提供する。

​同HD傘下の第一生命保険が開発した「健康第一」アプリを提供する。

アプリはカメラを起動したスマホを健康診断書にかざすだけで、検診結果を読み取り、自身の健康状況などを教えてくれる。

食生活や運動習慣の改善などを促す。

(日刊工業新聞 2018/10/23)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-5

    東京海上日動火災保険社長の北沢利文さん 健康経営

    「少子高齢化で働き手が減り採用も難しくなる。 労働力減少という切実な社会的課題が顕在化する」と強い…
  2. 2017-3-1

    1.社長の生命保険の加入目的

    生命保険の販売について、法人のライフサイクルに着目し、その時期の法人はこういうリスクやニーズがあり、…
  3. 2018-2-8

    健康になると保険料一部還元、ひまわり生命

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は4月に、健康になると保険料を一部還元する収入保障保険を発売する…
  4. 2017-2-28

    2、アポイントメント

    ここで考えなければいけないことは、「アポを取る」という一点です。 生命保険の内容など話す必要はあり…
  5. 2017-3-14

    日本生命保険 沖縄県と連携

    沖縄県と健康増進やがん対策、高齢者支援などを含む包括的な連携協定を17日に締結すると13日、発表した…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る