運動すれば保険料が割引? 住友生命社長・橋本雅博氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

健康増進、社会全体にメリット

毎日運動すれば保険料が安くなる――。住友生命保険はこんな保険商品「バイタリティー」を発売しました。運動習慣や健康診断の結果に応じて保険料が変動する仕組みで、大手生保で初の試みです。横並びが多い業界で「近年最もとがった商品」とも。なぜ保険で健康増進なのか。橋本雅博社長(62)に聞きました。

どんな商品ですか。

 

「既存の生命保険に付加する『特約』のような形で適用する。契約すれば1年目にまず保険料が15%割引となり、その後は健康増進への取り組みに応じて、保険料が毎年見直される仕組みだ。南アフリカの金融大手『ディスカバリー』と提携し、同社のノウハウやデータを活用した」

 

 

健康増進の取り組みをどう把握するのですか。

 

「体につけるウェアラブル端末やスマートフォンで、毎日の歩数などの運動データや心拍数を把握する。提携するフィットネスジムへの入店記録や、健康診断のデータも頂く。結果がよければ保険料は加入前から最大30%安くなり、悪ければ最大10%増となる」

 

 

頑張らないと保険料は上がるのですね。

 

「行動経済学の理論では、人が頑張るのは『利益を得られるから』よりも、そうしないと『先に得た利益を失うから』という。健康増進に取り組むことで、リスク自体を減らしていき、保険料に反映される。非常に合理的な商品だ」

 

不測の事態にお金を支払う役割の保険会社がなぜ健康増進なのですか。

 

「日本は平均寿命が非常に長い。一方で健康寿命とのギャップが大きい。その差は男性で9歳、女性で12歳と言われる。生きているが健康ではない状態だ。健康寿命を延ばすのは社会の課題だが、保険会社は保険を通じて契約者と長く付き合う強みがある。健康になれば、その人だけでなく、社会保障費の抑制などで国にもメリットがある。もちろん我々にも利益だ」

「人口減や低成長で市場は縮小する。過去の売れ筋だけではジリ貧で、新たな市場を開拓する必要がある。消費全体が減少する中、健康関連は支出が増えているとの調査もある」

(朝日新聞 2018/12/12)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-7

    第一フロンティア生命保険社長川島貴志さん 男性にない発想

    「経営に若者や女性の感性を取り入れたい」と語るのは、第一フロンティア生命保険社長の川島貴志さん。​ …
  2. 2017-6-20

    郵政系2社の新規業務認可(個人融資や保険見直し)

    総務省と金融庁は19日、ゆうちょ銀行とかんぽ生命が申請していた新規業務を認可した。 ​ゆうちょ銀行…
  3. 2017-2-22

    4.遺言書の作成

    1.遺言書の種類 公正証書遺言 公証役場で作成する遺言書で、公証人が関与しているので、本人の意思…
  4. 2017-12-19

    生保各社、収益安定とサービス向上

    生命保険各社が、唾液などで病気かどうかが分かる簡易検査技術の確立や普及に向け、医療ベンチャーなどと協…
  5. 2017-8-21

    保険料割引、アプリでクーポン

    健康を維持することで、節約につながるような保険商品が目立ってきた。 健康状態がよいほど安くなる医療…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る