生保アプリ 健康手助け 契約者以外も無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生保各社が、健康増進をサポートするスマートフォン向けアプリを相次いで公開している。

目標の歩数をクリアすると、コンビニで使えるクーポンがもらえたり、寄付できたりするなどの特典もある。

契約者向けに保険料が安くなる場合もある。

第一生命の「健康第一」のダウンロード数は50万回を超えた。

「フェイスエーアイ」と呼ばれる機能は、自分の顔写真を入力すると、年齢を重ねた後の顔を表示する。

スポンサーリンク


アクサ生命は、喫煙習慣や塩分の摂取量などを入力すると、「1日1万歩歩く」など回答を踏まえた目標を提案する。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のアプリは、日替わりで「今日のタスク(課題)」を提案。

マニュライフ生命のアプリは、規定歩数を達成するとカンボジアの子どもたちに靴を寄付できる。

太陽生命のアプリは、契約者の歩行速度を継続的に計測。歩行速度が低下し、認知症などの発症リスクが高いと思われる場合は、通知して経過を見守る。

東京海上日動あんしん生命が発売した「あるく保険」は、専用アプリで歩数を管理。1日8000歩の目標を達成すると、保険料の一部がキャッシュバックされる。

(読売新聞  2017/06/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-7

    上智大と組み長期インターン

    第一生命ホールディングスは約1か月間の長期インターンシップ(就労体験)制度を導入する。 ​まず上智…
  2. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…
  3. 2017-11-8

    健康増進保険 開発相次ぐ

    運動や健康的な食事でメリットが得られる「健康増進保険」の開発・販売が活発だ。 東京海上日動あんしん…
  4. 2017-2-24

    ①紹介でマーケットを無限に拡げる

    5.紹介  ①紹介でマーケットを無限に拡げる 1人の見込客からご契約をいただくと、その分見込客1人…
  5. 2018-6-22

    日生からの受託拡大 米TCW 代替投資分野の運用

    日本生命保険が2017年度に出資した米大手運用会社TCWのデビット・リップマン最高経営責任者(CEO…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る