生保アプリ 健康手助け 契約者以外も無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生保各社が、健康増進をサポートするスマートフォン向けアプリを相次いで公開している。

目標の歩数をクリアすると、コンビニで使えるクーポンがもらえたり、寄付できたりするなどの特典もある。

契約者向けに保険料が安くなる場合もある。

第一生命の「健康第一」のダウンロード数は50万回を超えた。

「フェイスエーアイ」と呼ばれる機能は、自分の顔写真を入力すると、年齢を重ねた後の顔を表示する。

スポンサーリンク


アクサ生命は、喫煙習慣や塩分の摂取量などを入力すると、「1日1万歩歩く」など回答を踏まえた目標を提案する。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のアプリは、日替わりで「今日のタスク(課題)」を提案。

マニュライフ生命のアプリは、規定歩数を達成するとカンボジアの子どもたちに靴を寄付できる。

太陽生命のアプリは、契約者の歩行速度を継続的に計測。歩行速度が低下し、認知症などの発症リスクが高いと思われる場合は、通知して経過を見守る。

東京海上日動あんしん生命が発売した「あるく保険」は、専用アプリで歩数を管理。1日8000歩の目標を達成すると、保険料の一部がキャッシュバックされる。

(読売新聞  2017/06/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-10

    手間をかける

    紹介をたくさんもらえる人の特徴は、「彼は頼りになる」といった紹介をされる人です。 信頼されている…
  2. 2017-2-21

    8.希少性と高い価値をつける

    生命保険商品の場合、人気がありすぎて、手に入るのが3ヶ月待ちですなどという物はありません。 メーカ…
  3. 2017-11-16

    ガンになった場合の2つのリスク

    身近な病気と言われている「がん」についてのお話 現代では、おおよそ2人に1人が、がんと診断され、約…
  4. 2018-3-19

    日生劣後債に予備格付け

    格付投資情報センター(R&I)は16日、日本生命保険が特別目的会社(SPC)を通じて発行する…
  5. 2018-8-23

    温暖化対策、生保の進む道は

    豪雨に猛暑、洪水ーー。 足元の世界的な異常気象の背景にある地球温暖化防止機運の高まりが、国内生命保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る