健康増進保険の研究拠点(住友生命、日米で開発体制整備)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険は2018年夏に発売を予定する健康増進型保険「バイタリティー」の研究拠点を立ち上げる。

4月に日米2カ所に開設し、海外子会社などと連携しながら研究を進める。

スポンサーリンク


保険とIT(情報技術)を組み合わせたインステックの技術を機動的に商品開発に取り入れる体制を整える。

開設するのは「スミセイ・デジタル・イノベーション・ラボ」。

東京・大手町と米シリコンバレーに拠点を設ける。

シリコンバレーには住生の社員のほか、買収した米中堅生保シメトラからも社員を派遣する。

兼務も含めると約30人体制で立ち上げ、将来的に100人規模にする。

バイタリティーは健康増進に努めている人の保険料を安く抑える仕組みの医療保険。

保険契約者の運動時間や歩数など健康増進に役立つ行動を点数化し、ためた点数に応じて保険料の割引などにつなげる。

南アフリカのディスカバリー社が15カ国・750万人に提供している。

これをひな型に、住生でも同様の保険の開発を進めている。

住生は提携先企業が持つ技術情報を研究拠点に集約し、新商品やサービスを効率よく開発できるようにする。

(日本経済新聞 2018/02/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-8-9

    営業にAIタブレット 太陽生命、音声で保険加入手続き

    ​太陽生命保険は7日、営業職員無権に人工知能(AI)を搭載したタブレット端末を今月中に導入すると発表…
  2. 2018-3-28

    2100人分業務 5年で削減

    第一生命ホールディングス(HD)は2023年までに2100人分の業務を削減する方針だ。 業務を自動…
  3. 2017-3-28

    生保、中小企業向け強化 成長市場 新商品投入

    生命保険各社が、中小企業向けの営業強化に乗り出している。 これまで大同生命やエヌエヌ生命が市場をリ…
  4. 2017-3-23

    著者登場 『50歳からの出直し大作戦』 ライフネット生命保険会長 出口治明氏

    新たな出会い待つ 人生の黄金期 人生の黄金期、いい言葉ですね。寿命の延びとともに、人生の黄金期も後…
  5. 2018-7-31

    がん保険料、企業負担 社員の治療・検診も 仕事続ける環境支援

    がんにかかる従業員の負担を企業がまかなう動きが出ている。 日立キャピタル損害保険は保険料を企業が負…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る