健康増進保険の研究拠点(住友生命、日米で開発体制整備)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険は2018年夏に発売を予定する健康増進型保険「バイタリティー」の研究拠点を立ち上げる。

4月に日米2カ所に開設し、海外子会社などと連携しながら研究を進める。

スポンサーリンク


保険とIT(情報技術)を組み合わせたインステックの技術を機動的に商品開発に取り入れる体制を整える。

開設するのは「スミセイ・デジタル・イノベーション・ラボ」。

東京・大手町と米シリコンバレーに拠点を設ける。

シリコンバレーには住生の社員のほか、買収した米中堅生保シメトラからも社員を派遣する。

兼務も含めると約30人体制で立ち上げ、将来的に100人規模にする。

バイタリティーは健康増進に努めている人の保険料を安く抑える仕組みの医療保険。

保険契約者の運動時間や歩数など健康増進に役立つ行動を点数化し、ためた点数に応じて保険料の割引などにつなげる。

南アフリカのディスカバリー社が15カ国・750万人に提供している。

これをひな型に、住生でも同様の保険の開発を進めている。

住生は提携先企業が持つ技術情報を研究拠点に集約し、新商品やサービスを効率よく開発できるようにする。

(日本経済新聞 2018/02/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-9

    日生、23年ぶりベア、内勤対象、月1000円改善

    日本生命保険は2018年の春季労使交渉で、総合職など約1万8000人の社員を対象に、23年ぶりとなる…
  2. 2017-10-6

    住友生命保険 短期投資でも利益逃さず

    日銀のマイナス金利政策について、 藤戸専務は「プラスに働いた点も多い」、「運用はどんな市場環境でも…
  3. 2017-3-9

    取締役会議事録ひな型

    取締役会議事録ひな型 このひな型は、あくまでも一般的な内容を想定して作成したものですので、実際に社…
  4. 2017-3-8

    シニア世代のためのライフプラン

    豊かな人生を過ごすための シニアライフ・プランニング 仏教の世界で人間のあらゆる苦しみのことを「四…
  5. 2018-10-4

    外資生保、日本に熱い視線 2社に聞く

    日本の生命保険市場は、米国に次ぐ世界第2位の規模を持つ。少子高齢化が進む成熟市場だが、実績のある外資…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る