健康管理アプリ生損保から続々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生損保各社が保険商品を補完するスマートフォンのヘルスケアアプリを相次ぎ投入している。

高齢化社会が進展する中、健康維持と病気の予防は保険加入者だけでなく保険会社にとっても重要。

スポンサーリンク


インセンティブを付けて歩行を促すほか、認知症予防に役立ったり、ストレスチェックができたりするなど多様なアプリが登場している。

第一生命保険が3月に始めた「健康第一」は、配信後2カ月強で50万ダウンロードを突破した。

歩数を測り、一定数を超えると抽選でコンビニエンスストアで使える割引券がもらえるのが特徴。

”フェイスAI”という、加齢や体重増による自分の外見変化を予測表示する機能も楽しい。

太陽生命保険は独自性が高い商品である認知症保険に合わせ、認知症予防アプリを提供している。

対象が限られるサービスながら、ダウンロード数は2万2000件を超えている。

そのほか、明治安田生命保険はヘルスケアベンチャーのFiNC(フィンク)と連携し、スマホアプリを使った中小企業向けの健康増進サービスを始めると21日発表。

日本生命保険も契約者の健康増進活動を応援する「健康サポートマイル」制度とウォーキングアプリの連動を検討している。

東京海上日動あんしん生命保険が歩数に応じて保険料を割り引く「あるく保険」を展開するなど、健康増進活動を加入者メリットにつなげる動きが出始めている。

手軽に健康増進活動に取り組むきっかけとしてスマホアプリの活用は広がりそうだ。


(日刊工業新聞 2017/06/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-25

    生保4社2.7兆円減収

    ​日本生命など大手4社の2017年3月期決算は、売上高に当たる国内の保険料等収入が前の期に比べ16%…
  2. 2018-12-14

    顧客の健康維持をサポート 明治安田生命

    明治安田生命保険の根岸秋男社長 13日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、保険事業を…
  3. 2018-11-6

    挑戦と安定 両立探る NEXT1000

    NEXT1000 日本経済のけん引役として期待される「NEXT1000」を対象に、フリーキャッシュ…
  4. 2017-4-27

    生保の資産運用 脱「安全志向」

    高リスク投資、各社が組織再編 ​低金利による運用難に苦しむ生命保険各社が、リスクの高い投資を専門に…
  5. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る