「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。

被保険者の健康状態に応じて保険料を決める新商品を開発し、10月から全国150店以上で取扱いを始める。

スポンサーリンク


2018年3月までに約2500件の契約を目指す。

新商品は第一生命HD傘下のネオファースト生命が開発した。

通常の保険では、実年齢に基づいて保険料を設定する。

しかし同商品ではBMI(体格指数)や血圧といった情報から算出した「健康年齢」に基づいて保険料を設定するのが特徴だ。

健康な人ほど支払う保険料を安く抑えられるメリットがある。

ネオファースト生命はこれまで、銀行の窓口を中心に同様の商品を販売してきた。

だが、従来は契約から3年が経つまで「健康年齢」に基づく保険料が適用されず、それまでは実年齢で保険料を決めていた。

新商品では健康診断の結果などを基に、契約時点から健康年齢による保険料を適用する。

(日本経済新聞 2017/08/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-2

    はたらく 総合・一般職統合し育成

    ​従業員を、配置や昇給が異なる「総合職」や「一般職」などのコースに分ける「コース別雇用管理制度」。 …
  2. 2017-5-23

    三井住友海上あいおい生命 VR映像で情報提供

    三井住友海上あいおい生命保険は22日、VR(仮想現実)映像を利用した情報提供サービスを24日にも開始…
  3. 2018-3-22

    生保、非競争分野を統合、大手6社の年金管理

    ​大手生命保険6社が団体年金を管理する事業を統合する。 各社とも競い合う必要がない「非競争領域…
  4. 2017-7-5

    カーディフ生命保険日本代表久米保則さん おもてなしの心

    「最近は茶道にはまっている」と語るのは、カーディフ生命保険日本代表の久米保則さん。​ 同社は住宅ロ…
  5. 2017-5-15

    リーダー育成に軸足(女性活躍第1位の第一生命は・・・)

    日本経済新聞と女性誌「日経ウーマン」による2017年の「女性が活躍する会社ベスト100」で、初の1位…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る