「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。

被保険者の健康状態に応じて保険料を決める新商品を開発し、10月から全国150店以上で取扱いを始める。

スポンサーリンク


2018年3月までに約2500件の契約を目指す。

新商品は第一生命HD傘下のネオファースト生命が開発した。

通常の保険では、実年齢に基づいて保険料を設定する。

しかし同商品ではBMI(体格指数)や血圧といった情報から算出した「健康年齢」に基づいて保険料を設定するのが特徴だ。

健康な人ほど支払う保険料を安く抑えられるメリットがある。

ネオファースト生命はこれまで、銀行の窓口を中心に同様の商品を販売してきた。

だが、従来は契約から3年が経つまで「健康年齢」に基づく保険料が適用されず、それまでは実年齢で保険料を決めていた。

新商品では健康診断の結果などを基に、契約時点から健康年齢による保険料を適用する。

(日本経済新聞 2017/08/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-21

    5.自分と未来は変えられる

    自分で変えられるもの・・・思考・行動・未来 自分で変えられないもの・・・感情・他人・過去 アメリ…
  2. 2017-3-16

    貯蓄型保険 値上げの春 ​マイナス金利の影響で運用悪化

    貯蓄型の終身保険や学資保険などの保険料が、4月に一斉値上げされる。 日本銀行のマイナス金利政策で保…
  3. 2017-8-16

    MS&AD、豪生保に出資 生損保、続々豪へ進出

    ​MS&ADインシュアランスホールディングス(HD)は15日、オーストラリア大手生命保険チャ…
  4. 2018-9-28

    SBIインシュアランス マザーズ上場、初値2160円

    SBIインシュアランスグループ東証マザーズに上場 SBIホールディングスの連結子会社であるSBIイ…
  5. 2017-4-4

    <2017TOP語録入社式>日本生命保険・筒井義信社長 前向きな気概で

    <2017TOP語録入社式>日本生命保険・筒井義信社長 前向きな気概で ​​マイナス金利政策による…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る