「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。

被保険者の健康状態に応じて保険料を決める新商品を開発し、10月から全国150店以上で取扱いを始める。

スポンサーリンク


2018年3月までに約2500件の契約を目指す。

新商品は第一生命HD傘下のネオファースト生命が開発した。

通常の保険では、実年齢に基づいて保険料を設定する。

しかし同商品ではBMI(体格指数)や血圧といった情報から算出した「健康年齢」に基づいて保険料を設定するのが特徴だ。

健康な人ほど支払う保険料を安く抑えられるメリットがある。

ネオファースト生命はこれまで、銀行の窓口を中心に同様の商品を販売してきた。

だが、従来は契約から3年が経つまで「健康年齢」に基づく保険料が適用されず、それまでは実年齢で保険料を決めていた。

新商品では健康診断の結果などを基に、契約時点から健康年齢による保険料を適用する。

(日本経済新聞 2017/08/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-11

    アクサ生命、医療保険に支援メニュー 病気の重症化・再発予防

    ​​アクサ生命保険は10日、保険の引き受け基準を緩和した限定告知型終身医療保険「スマート・ケア wi…
  2. 2018-8-21

    黒田緩和修正 私の診断 第一生命執行役員の宮田康弘氏

    生命保険会社のような長期運用を原則とする投資家にとって、長期国債の流動性の低下は懸念材料だった。 …
  3. 2017-9-19

    日生、高齢者の所在確認へ「クロネコ」活用

    日本生命保険は14日、連絡が取れない高齢の契約者の所在・状況を確認する取り組みを10月から強化すると…
  4. 2018-1-26

    三井生命保険 日生との統合効果で成長ステージに

    トップは語る ​三井生命保険社長 有末真哉さん(59) ​--4月から新しい中期経営計画の年度に入…
  5. 2018-7-2

    保険金請求漏れ防げ防げ

    ​生命保険各社が高齢者の保険金の請求漏れを減らす取り組みを強化している。 高齢化が一段と進む中、契…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る