第一生命 健康アプリ「外販」 スマホ新サービス生保が子会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康アプリ

第一生命ホールディングスは、健康増進サービスを手がける専業子会社を設立し、第1弾としてスマートフォンアプリを「外販」する。

人口減少で国内の保険市場が頭打ちとなる中、専門性と機動性を高めて新たなサービスを開発し、収益の柱に育てたい考えだ。

子会社は、9月に第一生命から健康増進事業の移管を受けた「QOLead(キュオリード)」。

第一生命は2017年3月から、スマホアプリ「健康第一」で、健康診断の結果から健康タイプを判定したり、スマホのカメラで食事を撮影するだけでカロリーを計算したりするサービスを提供している。

一部は非契約者でも利用可能だ。

累計ダウンロード数は約90万件と好調で、他社への販売が可能だと判断した。

まず来年1月、業務提携関係にあるかんぽ生命保険に、専用に作り替えたアプリを提供する。

アプリ利用者を増やすことで、得られた健康情報を保険商品の開発やサービス向上につなげることも狙っている。

キュオリードの由水(よしみず)孝治サービス企画・開発ユニット長は「蓄積した情報を基に、保険商品の研究も(外販先と)一緒にやっていきたい」と意気込む。

(毎日新聞 2018/11/07)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-15

    日本生命の4~12月期、基礎利益8%増 法人向け保険が堅調

    日本生命保険が15日発表した2017年4~12月期の連結決算は、本業のもうけを示す基礎利益が前年同期…
  2. 2017-5-23

    悲哀と自虐 句に重ね30年

    ​「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」 第一生命保険は22日、「第30回サラリーマ…
  3. 2017-2-27

    3.最初に安い商品を売ることは有効か

    化粧品などの宣伝で、本来5,000円の商品が、今だけ500円で2週間分の試供品を提供しますというよう…
  4. 2018-3-14

    生保、増配・値下げ広がる

    第一生命保険、富国生命保険など生命保険各社で、長寿化に伴う利益を契約者に還元する動きが広がっている。…
  5. 2018-8-21

    欧で保険比較サイト計画 米アマゾン、金融サービス参入視野

    米アマゾン、金融サービス参入視野。 米インターネット通信最大手アマゾン・ドット・コムは、欧州の複数…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る