大手生保3社、海外や健康事業など強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険、住友生命保険、明治安田生命保険の大手生保3社は4日、株主総会に当たる相互会社の総代会をそれぞれ開いた。

日銀のマイナス金利政策で運用環境が厳しくなる中、各社のトップが海外や健康事業を強化する経営方針を説明し、出席者に理解を求めた。

日本生命

子育て支援、ヘルスケア、高齢者社会対応の3分野を中心に、事業展開と社会貢献の両面からグループを挙げて取り組む。

住友生命

海外など4つの重要事業に取り組む。

明治安田生命

10年後には利益に占める割合を7%から15%に拡大する。

(フジサンケイビジネスアイ  2017/07/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-7

    ダンドリ

    実際の行動に移る前の「ダンドリ」を以下にきめ細かく手抜きなくやるかは、あなたの行動の成否を握っていま…
  2. 2017-5-19

    大同生命 ユニバーサルマナー検定3級取得

    大同生命保険は、障害者や高齢者らをはじめ顧客一人一人の視点に立った行動の実践に向け、日本ユニバーサル…
  3. 2017-3-6

    4.生前贈与を活用した相続税負担軽減対策

    生前贈与を活用した相続税負担軽減対策   (1)概要 ① 基礎控除(受贈者一人あたり年間110万円…
  4. 2017-2-22

    明治安田 健康経営支援で基本合意

    健康関連ITベンチャーのFiNC(フィンク、東京都千代田区)と明治安田生命保険 両社は、21日、企…
  5. 2017-8-2

    アクサ生命 新型医療保険 通院回数に応じ給付

    アクサ生命保険は1日、通院治療に重点を置いた新たな医療保険「スマート・ケア」を9月19日に発売すると…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る