大手生保3社、海外や健康事業など強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険、住友生命保険、明治安田生命保険の大手生保3社は4日、株主総会に当たる相互会社の総代会をそれぞれ開いた。

日銀のマイナス金利政策で運用環境が厳しくなる中、各社のトップが海外や健康事業を強化する経営方針を説明し、出席者に理解を求めた。

日本生命

子育て支援、ヘルスケア、高齢者社会対応の3分野を中心に、事業展開と社会貢献の両面からグループを挙げて取り組む。

住友生命

海外など4つの重要事業に取り組む。

明治安田生命

10年後には利益に占める割合を7%から15%に拡大する。

(フジサンケイビジネスアイ  2017/07/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-2

    日生、資産運用にRPA導入 作業2500時間削減

    日本生命保険は6月から、資産運用業務にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を導入する。…
  2. 2017-6-21

    健保 生保が助っ人(明治安田や日生 従業員の健康指導)

    生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次…
  3. 2018-8-23

    「節税保険」なお拡充

    大手生命保険の定期保険を巡り、販売現場で「節税」がPRされ、金融庁が一部の商品設計を問題視している。…
  4. 2017-3-3

    ⑥傷病手当金

    傷病手当金について確認していきます。こちらは国民健康保険にはございません。 ではどのような制度でしょ…
  5. 2017-11-29

    代理店に迫る淘汰の波 生保が手数料体系見直しへ

    保険業界は大きな変化の時を迎えています。 改正保険業法施行(2016年5月) 顧客本位の業務…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る