社員に健康意識醸成 端末提供やポイント制導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社が、社員の健康意識醸成に取り組んでいる。

健康経営を中期経営計画に盛り込む生保も増加。

スポンサーリンク


日本生命保険は4月に「健康経営推進本部長」という役職を新設し、健康経営の所轄を一本化した。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は社員にウェアブル案末を配布。

将来的には契約者にも配布予定で「個人の健康データを商品開発や保険料に反映させる」狙い。

日本生命は、2018年度から本店と東京本部ビルの喫煙所を全て閉鎖し、20年度までに全事業所に広げる。

約2億円を投資して新健康管理システムも導入。

社員7万人の健康管理業務を効率化し、定期健康診断データ分析による効果検証に活用していく。

住友生命保険は17年7月に導入した健康増進支援サービス「KenCoM」を利活用した社内ウォーキングイベントを春と秋に開き、延べ1万人以上が参加した。

第一生命保険は、16年度から社員の健康増進活動に対してインセンティブを付与する「ヘルスケアポイント制度」を取り入れた。

健康活動に応じたポイント制度は、アクサ生命保険やジブラルタ生命なども導入。

また、アフラックや大同生命保険ではウェアブル端末を貸与し、歩数や睡眠時間などを専用アプリで自由に閲覧できるようにした。

(ニッキン 2018/04/06)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-16

    イメージを変える

    「生命保険事業の姿を180度変える革新的なプロジェクトが始動した」 ・・・と語るのは、住友生命保険…
  2. 2018-6-22

    大同生命が米ベンチャーファンドに11億円投資

    ​T&Dホールディングス傘下の大同生命保険が米国のベンチャー企業ファンドへの約11億円の投資を決めた…
  3. 2017-10-2

    議案反対 生保1~3% 株主総会 信託銀は14~16%

    ​今年6月末までに開かれた株主総会の議案に対する、大手信託銀行と生命保険会社7社の議決権行使状況が2…
  4. 2017-3-1

    5.事業承継期

    企業の事業承継について現状をみると、社長の平均年齢は58.9歳と年々上昇し、60歳に近づいてきていま…
  5. 2017-4-27

    三井住友海上 検査アプリ好評

    三井住友海上火災保険が提供する睡眠時無呼吸症候群(SAS)予兆チェックサービスの導入企業が開始後1年…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る