健康データで保険商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省は、健康データを活用する保険商品の開発支援を始める。

生活習慣病の予防法確立などを目的にした実証事業で得られたデータを活用する。

スポンサーリンク


被験者の歩数など運動データと、血圧や血糖値、尿糖値といった体調に関するデータが対象。

保険会社に提供し、ウエアラブル端末で計測される運動の量に応じて保険料を還付する商品などの開発を促す。

実際に計測されたデータを適用することで、具体的な料金設定など商品の設計を最適化できるという。

保険業界では、健康に良い取り組みにインセンティブ(意欲刺激策)を付与する商品が生まれ始めている。

スポンサーリンク


東京海上日動あんしん生命保険は、対象者の歩行量に応じて保険料を還付する医療保険「あるく保険」を今夏発売する予定。

経産省によると他社も同様の商品を開発しており、これらを支援することで保険業界のほか、端末関連の産業なども活性化させる。​

(日刊工業新聞 2017/05/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-21

    異業種襲来 保険ショップ転機 少子高齢化・マイナス金利 経営環境厳しく

    複数の保険会社の商品を比較・検討しながら販売できる利点を強調してきた乗り合い代理店(保険ショップ)に…
  2. 2018-4-26

    シニア顧客に専門部隊 生保が高齢者対策

    生命保険各社は「人生100年時代」と言われる高齢社会の進展を見据え、シニア顧客へのサービスを強化して…
  3. 2017-10-27

    日生、割安保険の新会社 19年春にも「ショップ向け」開発

    日本生命は、複数の保険商品を販売する保険ショップ向けに特化して、割安の医療保険などを開発する新会社を…
  4. 2017-8-10

    「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

    ​第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。 被保…
  5. 2018-1-16

    かんぽ、「ベテラン」AIが助っ人

    働く人が減り、人手不足が深刻になる日本。 労働生産性を高めなければ、企業の成長はおぼつかない。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る