健康経営の基本方針策定 日本生命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は12日、健康経営に対する同社の基本方針を策定したと発表した。

目指す姿を明確にすることで、健康経営の取組みに役職員の積極的な関与を促すのがねらい。

​基本方針はまず、全ての役職員が健康を維持したり増進したりする取組みを会社が支援するとしている。

さらに、健康に働きやすい職場環境を整備し、職員の能力を後押しする。これらの陣税による社会貢献も積極的にする。(以下省略)

(日刊工業新聞 2018/09/13)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-26

    生保各社、生き残りかけ販売競争

    長寿化に伴い、生命保険各社で保険料率を見直す動きが広がっている。 保険金の支払い負担が減っている死…
  2. 2018-3-2

    住生が代理店販売倍増

    住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大する。 子会…
  3. 2018-5-2

    生保、国債投資再開も、外貨コスト高でやむなく

    利回り低下による運用難を背景に減少が続いていた国債投資を生命保険会社が再開する可能性が出てきた。 …
  4. 2018-9-3

    遺伝情報の取り扱い、生保7社に規定・指針なし

    遺伝子検査結果や家族の病歴などの遺伝情報 保険の加入に当たって遺伝子検査結果や家族の病歴などの遺伝…
  5. 2017-7-27

    アフラック 日本法人化でガバナンス向上

    ​トップは語る  アフラック社長 古出 真敏さん(57) 東大卒。米コーネル大ロースクール卒。19…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る