健康なほど保険安く(第一生命、異業種と商品開発)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命はNTTデータやアクセンチュアと組み、健康な人ほど保険料が安くなる医療保険を開発する。

健康な人ほど保険料が安くなる医療保険を開発する。データの収集や解析で強みを持つ企業と組み、健康状態に応じた保険料を算出する仕組みを構築する。

スポンサーリンク


​数年後の商品化を目指す。健康に気をつける人ほど負担が軽くなる仕組みをつくれれば、保険が健康に対する契約者の意識や行動の変化を促す新たな役割を担える。住友生命保険も来夏の商品化に向け、同じような保険の開発を進めている。

(日本経済新聞 2017/03/13)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-7

    死亡率改定へ対応出そろう、生保各社

    保険料算定の基準となる標準死亡率の4月改定への生保各社の対応が出そろった。 日本生命保険や富国生命…
  2. 2017-9-14

    主な病院のがんの手術実績数

    主ながんの手術実績数(主要病院2015年度) 胃がん がん研有明病院(1,154件) 静岡県立…
  3. 2018-3-8

    死亡保険 各社大幅値下げ

    ​生命保険各社がこの春、死亡保険料を大幅に下げる。 長寿化で保険期間中に亡くなる人が減る傾向にあり…
  4. 2018-3-19

    日生劣後債に予備格付け

    格付投資情報センター(R&I)は16日、日本生命保険が特別目的会社(SPC)を通じて発行する…
  5. 2017-7-20

    商品・代理店・サービスを拡充 T&Dファイナンシャル生命 執行役員事業本部長 西村維晃(まさあき)氏に聞く

    T&Dファイナンシャル生命の昨年度の新契約高は2354億円。 継続的に取り組んできた複線…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る