健康なほど保険安く(第一生命、異業種と商品開発)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命はNTTデータやアクセンチュアと組み、健康な人ほど保険料が安くなる医療保険を開発する。

健康な人ほど保険料が安くなる医療保険を開発する。データの収集や解析で強みを持つ企業と組み、健康状態に応じた保険料を算出する仕組みを構築する。

スポンサーリンク


​数年後の商品化を目指す。健康に気をつける人ほど負担が軽くなる仕組みをつくれれば、保険が健康に対する契約者の意識や行動の変化を促す新たな役割を担える。住友生命保険も来夏の商品化に向け、同じような保険の開発を進めている。

(日本経済新聞 2017/03/13)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-26

    日生 農地投資参入へ

    ​日本生命保険は、農地の購入や開発を手がけるファンドに投資する方針を明らかにした。 日本銀行のマイ…
  2. 2017-8-22

    糖尿病の診察で心臓病が発覚!

    高血糖の状態が続いているにも関わらず、仕事が忙しく病院を受診できないお客様がいらっしゃいました。 …
  3. 2018-6-28

    「自分だけの保険」AI活用し開発 東京海上HD永野毅社長

    東京海上ホールディングスの永野毅社長は日本経済新聞のインタビューで、人工知能(AI)を活用し、個人単…
  4. 2018-4-23

    精神疾患 予兆も保障 増える患者、保険柔軟に

    厳しい労働環境などでストレスを感じ、心身のバランスを崩す「精神疾患」に備える保険が充実してきた。 …
  5. 2018-5-8

    SBI生命、AIで最適ながん治療法 近大と臨床試験

    ​SBI生命保険は7日、近畿大学と連携して人工知能(AI)を使ったがん患者向けの臨床試験を14日に始…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る