500万人の医療データ分析(日生、企業向け健康支援)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は野村総合研究所、リクルートホールディングスと連携し、医療データを使った健康支援サービスを始める。

​企業や健康保険組合と契約し、500万人規模のデータを分析して従業員の健康改善を促す。

スポンサーリンク


政府が医療データの民間活用に向けて法案を閣議決定するなど環境整備が進んでいる。

病気の予防や早期発見ができれば健康保険料の抑制につながる。

2018年4月にサービス提供を始め、まず100団体の契約を目指す。

得られたデータを蓄積し、がんなど重い病気にかかっても入れる保険の仕組み作りや新商品開発にもつなげる。

20年度末までに500万人分のデータ収集を目指す。

(日本経済新聞 2017/05/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-4

    女性人型ロボットが「ご案内」=保険代理店で実証実験―成田空港

    成田空港第1旅客ターミナルビルの海外旅行保険カウンターに28日、人間に近い表情や動きが特徴の人体型ロ…
  2. 2017-3-10

    目的があるとチャンスが生まれる

    目的がないと、いろいろな人生の岐路に当って、進むべき方向の選択ができないということです。 「取捨選…
  3. 2017-5-9

    大同生命 HAL治療に無料特約

    大同生命保険は8日、サイバーダインのロボットスーツ「HAL」による治療の保障付き保険商品の取り扱いを…
  4. 2018-4-20

    「グループ利益、3000億円に」、第一生命HD社長、東南アなど潜在市場を開拓。

    ​第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長は日本経済新聞の取材に応じ、2023年度をめどにグル…
  5. 2017-2-27

    2.似たもの同士は仲が良い

    人は自分と似た人に好感を持ちやすいようになっています。 これを、「類似性の法則」といいます。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る