500万人の医療データ分析(日生、企業向け健康支援)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は野村総合研究所、リクルートホールディングスと連携し、医療データを使った健康支援サービスを始める。

​企業や健康保険組合と契約し、500万人規模のデータを分析して従業員の健康改善を促す。

スポンサーリンク


政府が医療データの民間活用に向けて法案を閣議決定するなど環境整備が進んでいる。

病気の予防や早期発見ができれば健康保険料の抑制につながる。

2018年4月にサービス提供を始め、まず100団体の契約を目指す。

得られたデータを蓄積し、がんなど重い病気にかかっても入れる保険の仕組み作りや新商品開発にもつなげる。

20年度末までに500万人分のデータ収集を目指す。

(日本経済新聞 2017/05/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-17

    太陽生命が「赤ひげ大賞」特別協賛

    太陽生命は16日、地域で貢献的な医療活動に取り組む医師を顕彰する第6回「日本医師会 赤ひげ大賞」(主…
  2. 2017-9-4

    自分の葬式は必要ですか?

    自分の葬式はいらない。 そう考える人は56%に上った。​ その理由は、お金、しがらみなど様々…
  3. 2018-1-30

    質問回答で最適保険提案(三菱UFJ系)

    三菱UFJフィナンシャル・グループ子会社のジャパン・デジタル・デザイン(JDD)は、必要事項を入力す…
  4. 2018-5-31

    若年層、年間2万1400人がん発症…初の推計

    国立がん研究センターは、15~39歳の「AYAアヤ(Adolescent and Young Adu…
  5. 2017-11-6

    三井住友海上あいおい生命 就労不能保険好調 年間販売目標半年で達成

    ​三井住友海上あいおい生命が4月に発売した、就労不能保険「&LIFE」の販売が好調だ。 9月末時点…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る