500万人の医療データ分析(日生、企業向け健康支援)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は野村総合研究所、リクルートホールディングスと連携し、医療データを使った健康支援サービスを始める。

​企業や健康保険組合と契約し、500万人規模のデータを分析して従業員の健康改善を促す。

スポンサーリンク


政府が医療データの民間活用に向けて法案を閣議決定するなど環境整備が進んでいる。

病気の予防や早期発見ができれば健康保険料の抑制につながる。

2018年4月にサービス提供を始め、まず100団体の契約を目指す。

得られたデータを蓄積し、がんなど重い病気にかかっても入れる保険の仕組み作りや新商品開発にもつなげる。

20年度末までに500万人分のデータ収集を目指す。

(日本経済新聞 2017/05/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-3

    ”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

    かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に…
  2. 2017-3-9

    2.企業会計その(2)

    借対照表はB/Sと言われます。 Balance Sheetの略で、貸借対照表の構造をあらわした言葉…
  3. 2017-3-1

    1.経営者の必要保障額

    ”社長さん!4つの備え、できていますか?目的別に加入しないと損しますよ!” 4つの備え(今日は4つ…
  4. 2017-2-27

    7.松竹梅の法則

    松・竹・梅と三段階の商品があった場合、それは真ん中の商品が売れ筋となります。 心理学でいうところの…
  5. 2018-10-11

    医療保険 請求なしで支払い 米メットライフ、シンガポールで

    米保険大手メットライフは8月下旬、シンガポールで妊娠中の女性を対象とした保険を実験的に売り出した。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る