500万人の医療データ分析(日生、企業向け健康支援)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は野村総合研究所、リクルートホールディングスと連携し、医療データを使った健康支援サービスを始める。

​企業や健康保険組合と契約し、500万人規模のデータを分析して従業員の健康改善を促す。

スポンサーリンク


政府が医療データの民間活用に向けて法案を閣議決定するなど環境整備が進んでいる。

病気の予防や早期発見ができれば健康保険料の抑制につながる。

2018年4月にサービス提供を始め、まず100団体の契約を目指す。

得られたデータを蓄積し、がんなど重い病気にかかっても入れる保険の仕組み作りや新商品開発にもつなげる。

20年度末までに500万人分のデータ収集を目指す。

(日本経済新聞 2017/05/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-4

    日生と日本郵便提携 郵便局で外貨建て保険

    日本生命保険と日本郵便は30日、外貨建て保険の販売で提携すると発表した。​ 全国1079局の郵便局…
  2. 2017-2-21

    6.今できることは何ですか

    自分と未来は変えられる。 自分で変えられるものは、「思考・行動・未来」です。 では、あなたが…
  3. 2017-9-28

    第一生命 回数制限なく休業 介護離職防止策を拡充

    介護に直面する社員の退職を防ぐため、企業が多様な働き方を念頭に置いた支援制度を整え始めた。 ​第一…
  4. 2018-8-9

    営業にAIタブレット 太陽生命、音声で保険加入手続き

    ​太陽生命保険は7日、営業職員無権に人工知能(AI)を搭載したタブレット端末を今月中に導入すると発表…
  5. 2017-12-19

    日生出資のインドネシア生保 中間層開拓新規契約3倍

    日本生命保険が20%出資するインドネシアの生命保険「セクイスライフ」は中間所得層の開拓を加速、201…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る