金剛保険 預金支社長ら引き出し 個人口座に分散、隠匿か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の保険会社「金剛保険」を巡る強制執行妨害事件で、整理回収機構の差し押さえ直前、同社の支社長や社員が口座から預金を引き出していたことが捜査関係者への取材でわかった。

警視庁は、同社が組織ぐるみで財産隠しをした疑いがあるとみて、指示した人物の特定を進めている。​

スポンサーリンク


同機構は裁判所から差し押さえを認められ、昨年12月27日から、同社の預金計約1億3000万円の差し押さえ手続きを始めた。

しかし、同日から29日までの3日間に、東京都内や大阪府、愛知県などの金融機関に開設された同社名義の約50口座から計約8500万円が一斉に引き出された。

預金を引き出したのは、同社の女性社員のほか、関西地方の支社の男性支社長が金融機関窓口を訪れて、残額全額を引き出していたケースもあった。

この支社長は読売新聞の取材に対し、「金を隠そうという気持ちは一切、なかった」と話した。

同庁が同社関係者らの口座を調べたところ、一斉引き出し後、支社長や社員らの個人口座に計約2000万円が入金されていたことも判明。

中部地方の支社名義の口座からは女性社員が数十万円引き出した数分後、支社長名義の口座にほぼ同額が入金されていた。

引き出した預金がそのまま、個人口座に移されたとみられる。

(読売新聞 2017/12/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-12-14

    顧客の健康維持をサポート 明治安田生命

    明治安田生命保険の根岸秋男社長 13日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、保険事業を…
  2. 2017-2-28

    時間

    私は、人生でもっとも大事なものは「時間」だと思っています。 確かに若いうちはそんなことを考えてはい…
  3. 2017-2-21

    3.生命保険販売で社会的証明の原理を利用してみる

    社会的証明のもっとも使いやすい例が、「お客さまの声」です。 人は商品を販売している会社側の人間の言…
  4. 2017-3-1

    4.安定成熟期

    4.安定成熟期 安定成熟期とは成長期を経て、多少の経営上のリスクがあっても、会社の体力で事業が…
  5. 2017-6-2

    株主総会賛否 進む開示 信託銀や生保 投資先個別に 「顧客優先」強調

    ​信託銀行や生命保険会社など、顧客から預かったお金を企業に投資して運用する「機関投資家」が、投資先の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る