介護・医療 利用者負担こう変わる 高額療養費制度 見直し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療費の自己負担に上限を設ける高額療養費制度。

医療の高度化で、年齢を重ねるほど1人当たりの医療費はかさむ。

現役世代との負担をなるべく公平化するため、70歳以上の高所得者の負担をさらに増やすしくみに変わった。

「ここまで複雑な計算式になると、上限額がすぐに計算できない。高齢者はなおさらだよ」。

都内で診療所を営む60代の医師は、1日からの制度変更を説明するリーフレットを見ながら困惑の色を隠さない。

これまで自己負担の上限額が一律だった70歳以上の「現役世代並み所得者」は、課税所得で3つに区分された。

「690万円以上」「380万~690万円」「145万~380万円」だ。それぞれで上限額の計算方法は異なる。

690万円以上の場合、月あたりの上限額は「25万2600円+(医療費―84万2000円)×1%」で算出。8月の診療分から切り替わる。

これに従うと、1カ月に100万円の医療費がかかると、自己負担額は25万円を超える。変更前は約8万7千円なので、17万円ほど負担が増える。

高額療養費制度は医療機関や薬局の窓口で支払った額が1カ月で上限額を超えた場合、超えた金額を公的医療保険から支給するしくみだ。

医療は介護に比べ、高度ながん治療など莫大な金額が必要になることもある。自己負担に上限があれば利用者の安心につながる。

高額療養費制度

(日本経済新聞 2018/08/03)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-23

    生保協会会長に稲垣氏

    ​生命保険協会は20日の理事会で、橋本雅博会長(住友生命保険社長)の後任に第一生命保険の稲垣精二社長…
  2. 2017-4-17

    個人保険で増配方針(明治安田と富国)

    ​明治安田生命保険と富国生命保険が個人保険で契約者配当を増やす方針を固めた。 ​明治安田は2年ぶり…
  3. 2017-2-24

    ③アフターフォローの重要性

    生命保険は、加入しても直ぐに役に立つことがほとんどないといっても良いほどの珍しい商品です。 そして…
  4. 2017-5-12

    がんにならないための節度ある「飲酒」

    がんにならないための予防法「飲酒について」 飲むなら、節度のある飲酒をする 節度って?どのく…
  5. 2017-5-8

    日経ウーマン「女性が活躍する会社」第一生命初の首位

    日本経済新聞社グループ「日経ウーマノミクス・プロジェクト」と働く女性向け月刊誌「日経ウーマン」は「企…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る