生保の資産運用 脱「安全志向」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高リスク投資、各社が組織再編

​低金利による運用難に苦しむ生命保険各社が、リスクの高い投資を専門に担う部署を設けるなど社内運用部門の組織再編を進めている。

脱「安全志向」で運用収益を高める狙いがある。

大同生命保険は4月から担当部署の課長・係長職を廃止。

部長の下に株式や債券の運用を担う6人の専門職員を置く体制にし、一定額までは上司の決裁なしに自らの判断で投資ができる権限と責任を与えた。

日本生命保険は、国内外の大型事業に融資するプロジェクトファイナンス専門の部署を新設。

明治安田生命保険も、これまで外部に委託してきた外国企業の債券などへの投資を担う専門部署を社内に設けた。

(朝日新聞 2017/04/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    3.虎の威を借る狐

    テレビCMなどでは、芸能人など商品には直接関係のない有名人が、商品紹介をしているケースが多いと思いま…
  2. 2017-11-14

    日生がアンケート 働き方改革業種で差

    日本生命保険は13日、23日の「勤労感謝の日」に先立ち、勤労・仕事に関するアンケートを実施した。 …
  3. 2018-1-10

    日生 営業職員を増員 社長方針 販売ルートを充実

    日本生命の筒井義信社長は、現在約5万人いる保険販売の営業職員を増員する方針を明らかにした。 強みと…
  4. 2018-3-7

    死亡率改定へ対応出そろう、生保各社

    保険料算定の基準となる標準死亡率の4月改定への生保各社の対応が出そろった。 日本生命保険や富国生命…
  5. 2018-4-5

    フリーランス、経済規模20兆円 今年推計、9%増で最高

    フリーランスの経済規模が拡大している。 クラウドソーシング大手のランサーズ(東京・渋谷)が4日に公…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る