変わる働き方/損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険、同水準で社員の意欲向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「基幹職」で仕事・報酬区分を撤廃 / 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険の取り組みは日本社会になじむのか―。

同社は2011年、職域を撤廃するために総合職と事務職を統合した「総合社員」制度を創設した。

7月にはもう一歩踏み込み、総合社員に設けていた転勤の有無を原則なくし、給与テーブルも統一した。

小売りなどでは転勤を制限した「地域社員」の導入が相次ぎ、人気を集める。

大場康弘社長は「大胆な改革だが、社員のやる気や能力を引き出すには仕事と報酬の区分けを取り払うことが必要」と施策の意義を強調する。

同社が新たに制度化したのは「基幹職」と呼ぶ働き方だ。

この職域は一般的な企業の総合職と事務職を統合したもので、生保業の同社の場合、保険の開発や保険金の支払い、営業、総務、事務など全ての業務間には垣根がなくなった。

さらに基幹職は転勤が可能で、給与や企業型確定拠出年金(DC)のテーブルも共通だ。

この7月から全社員の80%近い2100人が基幹職となった。

日本企業では同一の仕事でも入社時の職種区分で賃金や昇給が異なることが課題に挙がる。これに対し基幹職は仕事や報酬の区分を撤廃することで、同一の仕事に同水準の報酬を支払うことを可能にした。

昇進の機会も平等にし、社員の意欲向上させ、能力ある人材の活用促進を期待する。ただ転勤のない地域社員などへの人気が根強いのも事実だ。

同社は来春、30人の入社を予定するが半数は女性で、採用は計画通りだという。

大場社長は「採用への影響を懸念したが新制度を評価する声が多く、意欲的な人材にたくさん集まってもらえた。

今後の活躍が楽しみだ」と、会社の将来を担うフレッシュパーソンたちに期待を寄せる。

(日刊工業新聞 2018/09/12)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    3、ファーストアプローチ(初回面談)

    初めて見込み客に会う段階では、個別のニーズについて話をするわけにはいきません。 まずは、年代であっ…
  2. 2017-9-7

    FWD富士生命保険社長友野紀夫さん 日本へ親しみ

    FWD富士生命保険はAIG富士生命保険から1日に社名変更した。 「日本顧客への親しみを考え、富士の…
  3. 2018-3-30

    住生、貸与端末の使用料を無償化

    ​住友生命保険が営業職員約3万人から毎月徴収しているタブレット端末の使用料を7月から無償化することが…
  4. 2017-11-21

    損保顧客から生保販売を!損保募集人だからできること

    損保×生保のクロスセル 1つ目のポイントは、面談をすることです!! 募集人の皆さんと、損保のお客…
  5. 2018-2-20

    日生と明治安田、新卒採用に「専門人材枠」 営業現場配属経ず

    日本生命保険と明治安田生命保険が2019年4月入社の新卒採用から、総合職の中に専門人材採用枠を新たに…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る