生保、外貨建て商品に活路(明治安田など参入、貯蓄型の販売停止を補う)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日銀のマイナス金利政策に伴う運用難で貯蓄型の保険商品の販売停止が続くなか、生命保険各社が外貨建て保険に活路を見いだそうとしている。

​明治安田生命が8月に参入、大手4社の商品が出そろう。

スポンサーリンク


これまで銀行窓販が中心だったが「生保レディ」を通じた販売も本格化する。数少ない成長株を巡る販売競争が激しくなりそうだ。

・明治安田生命の外貨建て保険は2種類。一時払い終身保険を銀行窓口で販売し、一時払い養老保険は生保レディが販売する。

・日本生命も10月から生保レディによる外貨建て一時払い養老保険の販売を始める。今後半年で4万件の販売を見込む。

・第一生命ホールディングス参加の第一フロンティア生命は4月に主力の外貨建て定額年金の商品内容を見直ししたところ、販売額が前年同月比1.5倍に伸びた。

・住友生命では4月に外貨建て保険の販売を開始し、7月から地方銀行でも販売を始める。

・大手だけでなく、T&Dホールディングス傘下の太陽生命でも外貨建て保険に参入する(一時払い個人年金保険)。

国債の利回りの低迷で、円建ての貯蓄型商品の販売抑制・停止が相次ぎ、16年度の銀行窓販の市場規模は15年度比4割減の3.5兆円に落ち込んだ。外貨建て保険の販売増でテコ入れをめざす。

(日経ヴェリタス 2017/06/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    2.お客さまにメリットを与える具体的な方法

    ビジネスで相手と親しくなる方法は、返報性の法則を利用して、相手のメリットだけを考え与えるということを…
  2. 2017-12-14

    平均寿命、男性は滋賀が初の首位 女性は長野

    厚生労働省は13日、2015年の都道府県別の平均寿命を発表した。 男性は前回調査(10年)で2位だ…
  3. 2017-6-1

    フコクしんらい生命保険社長櫻井健司氏 信金と連携し保険拡販

    足元の事業環境はマイナス金利の影響で一時払い数進保険が販売停止となるなど厳しいが、「第2の創業のつも…
  4. 2018-2-19

    生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

    大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。 東…
  5. 2018-6-28

    防げ糖尿病重症化 日本生命、健康管理サービス試行

    日本生命保険は日本生命病院で、糖尿病の重症化を防ぐ健康管理サービスの試行を始めた。 同社の社員30…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る