外貨建て競争加熱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国の長期金利上昇を受けて、外貨建て金融商品の発売が相次いでいる。

日銀の金融緩和で国内は超低金利が続き、相対的に利回りの高い外貨建て商品の人気が高まっているためだ。金融各社の収益押し上げに貢献する一方で、「買い手は為替変動リスクへの十分な理解が必要」との指摘も出ている。

三井生命保険と三井住友信託銀行は今月、保険料を毎回定額で払える「フラット外貨終身」をを初めて発売した。

これまでは為替レートが変動するたびに、円で支払う保険料も換わってしまう不安定さがあった。フラット外貨終身では、円安時の不足分を同社が穴埋めする。その代わり、円高が進んでも払い込む金額は変わらない、

太陽生命保険は中途解約した際の払い戻金の減額幅を押さえ、別の商品に乗り換えやすくした外貨建て個人年金を昨年7月に発売した。米金利上昇で、より利回りのいい商品に乗り換える契約者が多いためで発売以来の契約数は約5000件に達した。

ただ、外貨建ては為替変動リスクに注意が必要。円高が大きく進めば、償還時に円換算した価値が大きく目減りし、元本割れする恐れもある。

金利が上昇すれば債権は価格が下落するため、売却時に損が生じる可能性もある。

大和総研の土屋貴裕主任研究員は「長期運用や分散投資で、リスクを回避することが望ましい」と話す。

(毎日新聞 2018/05/26)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-27

    保険ショップ支援見直し(生保各社、過度な販促廃止)

    生命保険各社が保険ショップに対する過度な販売支援策を廃止する。 各社は手数料を上乗せするなどして自…
  2. 2017-9-19

    定年延長 シニアに活躍の場 企業の18%が「廃止」「65歳以上」

    ​少子高齢化によって各業界で人手不足が問題となる中、従業員の定年を延長する企業が相次いでいる。 明…
  3. 2017-5-25

    保険料値上げ その後の戦略は  日本生命保険社長 筒井義信氏

    生命保険各社はこの春、貯蓄型の終身保険などの保険料を一斉に値上げしました。 保険料で預かったお金は…
  4. 2017-5-15

    必要な保険とは リタイア後 優先度を点検

    リタイアした高齢者の主な所得は年金になります。 高齢者世帯の6割は年金だけで暮らしており、年金プラ…
  5. 2017-3-21

    異業種襲来 保険ショップ転機 少子高齢化・マイナス金利 経営環境厳しく

    複数の保険会社の商品を比較・検討しながら販売できる利点を強調してきた乗り合い代理店(保険ショップ)に…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る