大手生保4G 外貨建て投入 相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手生命保険4グループ(4G)は、2017年度の金融機関窓口販売戦略を見直している。

 4G合計の16年4~12月期窓販実績(収入保険料)は約1兆4千億円と前年同期比で4割減少。16年2月のマイナス金利政策導入以降、各社が円建て一時払い貯蓄性保険を相次いで販売休止にしたことが主な要因。

スポンサーリンク


代替として、地域銀行や信用金庫など販売会社に対して、外貨建て保険や平準払い保険の提案を強化するとともに、担当者を増員する動きも広がっている。

住友生命保険と明治安田生命保険は、17年度上期中に外貨建て一時払い終身を取り扱う予定で、代理店向けに研修ビデオや販売ツールの作成を急ぐ。

ーーー販売サポート体制

 第一フロンティア生命が4月にホールセラーを9人増員。日本生命も窓販部門の副本部長(執行役員)を2人増やす。住友生命はグループの乗合保険ショップを活用。販売ノウハウを身につけた人材が代理店支援を行うほか、銀行からの研修受け入れ体制も整えている。

ーーー商品ラインアップも拡充

 日本生命は4月からグループの三井生命保険が扱う平準払い保険の販売を支援し、商品ラインアップを増やす。
住友生命も子会社のメディケア生命保険が16年11月に発売した医療保険を4月から地域銀や信金に積極的に展開。
明治安田生命は、16年度に販売が好調な平準払い介護終身年金の推進を強化する。
第一フロンティア生命は4月、一部の年金保険をリニューアル。特徴はターゲット機能の改定。目標到達時に定額終身に移行する仕組みで「顧客の健康状態に応じて受け取り方法を選択できるため代理店も幅広い商品提案が可能になる」(営業推進部)という。

(ニッキン 2017/03/24)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-13

    ​サービス産業型のマネジメント:とがった個性を生かして(ライフネット生命 出口社長)

    マネジメントに求められるのは、部下の適性と能力を見極め、得意とする仕事をやらせることだ。 適性を欠…
  2. 2018-7-11

    FWD富士生命、長崎県と立地協定 拠点増設

    長崎県とFWD富士生命保険は立地協定を結んだ。 同社は2019年1月をめどに長崎市内のオフィスを移…
  3. 2018-2-20

    日生と明治安田、新卒採用に「専門人材枠」 営業現場配属経ず

    日本生命保険と明治安田生命保険が2019年4月入社の新卒採用から、総合職の中に専門人材採用枠を新たに…
  4. 2018-5-23

    iPS心臓治療 臨床承認 世界初筋肉細胞移植

    厚生労働省の再生医療等評価部会は16日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心臓の筋肉細胞をシー…
  5. 2018-9-10

    認知症を早期発見・予防 SOMPO保険加入者向け

    SOMPOホールディングス(HD)は5日、認知症の早期発見や予防、発病後のケアなどを支援する保険加入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る