元本保証の外貨建て保険 三井住友銀・住友生命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友銀行と住友生命保険は、外貨建ての元本が保証される一時払い個人年金保険を共同開発した。

運用期間は10年で、運用先の社債などから得た利息の一部を、指数が下がっても損失が出ないデリバティブ(金融派生商品)の購入にあてることで、相場が下がっても元本割れすることはないという。

「インデックス年金」と呼ばれる運用商品で、国内での取り扱いは初めてとしている。

​運用する通貨を米ドルか豪ドルから選び、いずれも3万ドルから契約できる。

退職金などまとまったお金を運用したい50~70歳代を主な顧客層と想定。17日に取り扱いを始める。

一般的な運用商品だと加入後に相場が崩れると積立金が減り、相場が回復しても元の水準へ戻るには一定の時間を要する。

インデックス年金の場合、指数が下がっても元本割れしない代わりに、デリバティブの購入料がかかるため、上がっても指数の伸びほど積立金は増えないという。

(日本経済新聞 2018/07/13)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-1

    アフラック メディカルノートに出資

    アメリカンファミリー生命保険は31日、医療従事者によるウェブメディアを運営するメディカルノートと資本…
  2. 2018-9-18

    がん新患者101万人

    ​国立がん研究センターは15日、2018年に新たにがんと診断される人は国内で101万3600人という…
  3. 2017-2-27

    5.映像でイメージできるほど伝わっているか

    私たちが話したことが、お客さまの頭の中で映像で浮かんでくるほど想像しやすいかどうかはとても重要です。…
  4. 2017-12-19

    海外臓器移植に保険給付

    厚生労働省は、海外での臓器移植手術を公的保険の給付対象にする方針を決めた。 現在は全額自己負担で、…
  5. 2017-3-5

    成果を最大限に挙げるための最高の手段

    マーケットの要求する商品を、お客さま想いの優秀な営業マンが提供する。 これが成果を最大限に挙げるた…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る