元本保証の外貨建て保険 三井住友銀・住友生命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友銀行と住友生命保険は、外貨建ての元本が保証される一時払い個人年金保険を共同開発した。

運用期間は10年で、運用先の社債などから得た利息の一部を、指数が下がっても損失が出ないデリバティブ(金融派生商品)の購入にあてることで、相場が下がっても元本割れすることはないという。

「インデックス年金」と呼ばれる運用商品で、国内での取り扱いは初めてとしている。

​運用する通貨を米ドルか豪ドルから選び、いずれも3万ドルから契約できる。

退職金などまとまったお金を運用したい50~70歳代を主な顧客層と想定。17日に取り扱いを始める。

一般的な運用商品だと加入後に相場が崩れると積立金が減り、相場が回復しても元の水準へ戻るには一定の時間を要する。

インデックス年金の場合、指数が下がっても元本割れしない代わりに、デリバティブの購入料がかかるため、上がっても指数の伸びほど積立金は増えないという。

(日本経済新聞 2018/07/13)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-5

    出生数 初の100万人割れ 16年、出生率も低下1.44

    厚生労働省が2日発表した人口動態統計によると、2016年に生まれた子どもの数(出生数)は97万697…
  2. 2017-6-21

    日生、外貨建て保険の扱い10月開始

    日本生命保険は20日、10月から営業職員が外貨建て保険の取り扱いを始めると発表した。 比較的高い利…
  3. 2017-6-23

    健康管理アプリ生損保から続々

    生損保各社が保険商品を補完するスマートフォンのヘルスケアアプリを相次ぎ投入している。​ 高齢化社会…
  4. 2018-7-10

    節税PRでない 日生社長が強調

    日本生命保険の清水社長は3日、節税対策として人気を集めている「法人向け定期保険」について、「税制は一…
  5. 2017-2-27

    9.先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る

    お客さまにおススメしたい自社商品があるとき、このような言い方で納得を得る方法があります。 「この医…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る