元本保証の外貨建て保険 三井住友銀・住友生命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友銀行と住友生命保険は、外貨建ての元本が保証される一時払い個人年金保険を共同開発した。

運用期間は10年で、運用先の社債などから得た利息の一部を、指数が下がっても損失が出ないデリバティブ(金融派生商品)の購入にあてることで、相場が下がっても元本割れすることはないという。

「インデックス年金」と呼ばれる運用商品で、国内での取り扱いは初めてとしている。

​運用する通貨を米ドルか豪ドルから選び、いずれも3万ドルから契約できる。

退職金などまとまったお金を運用したい50~70歳代を主な顧客層と想定。17日に取り扱いを始める。

一般的な運用商品だと加入後に相場が崩れると積立金が減り、相場が回復しても元の水準へ戻るには一定の時間を要する。

インデックス年金の場合、指数が下がっても元本割れしない代わりに、デリバティブの購入料がかかるため、上がっても指数の伸びほど積立金は増えないという。

(日本経済新聞 2018/07/13)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-14

    日生がアンケート 働き方改革業種で差

    日本生命保険は13日、23日の「勤労感謝の日」に先立ち、勤労・仕事に関するアンケートを実施した。 …
  2. 2017-7-21

    24日テレワーク・デイ 生損保、積極参加

    政府が勤務体制の柔軟化を目指して呼びかけている24日の「テレワーク・デイ」に呼応し、生損保各社が取り…
  3. 2017-3-2

    4.お客さまの夢を伺うトークスクリプト

    本日は「保険」の話ではなく、ライフプランニングのお話をさせていただこうと思いますが、ライフプランニン…
  4. 2017-2-27

    9.先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る

    お客さまにおススメしたい自社商品があるとき、このような言い方で納得を得る方法があります。 「この医…
  5. 2018-2-13

    医療保険、長寿化でも値上げ見送り

    医療保険が主力の保険会社の間で保険料を引き下げたり、据え置いたりする動きが相次いでいる。 死亡率の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る