第一生命HD滋賀大と連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスはデータサイエンティストの育成を目的に滋賀大学と産学連携協定を締結した。​

第一生命グループから統計学や保険数理などに知見にある人材を講師として派遣。

将来は同大学データサイエンス学部からのインターンシップ受け入れも検討する。

第一生命グループは生命保険事業のイノベーション創出を目指し、2016年から「インステック」(保険とITの融合)を推進。

その重要テーマとして、第一生命が有する約1000万人に医療ビッグデータの解析を行い、新しい保険商品の開発に役立てている。

(日刊工業新聞 2017/06/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-27

    日生、子ども向け保険を三井生命に供給

    ​​日本生命保険と三井生命保険は25日、日本生命の子どもの教育資金などに備える商品「ニッセイ学資保険…
  2. 2017-3-8

    保険証券で保険を見直す

    保険の見直しは、現在加入している保険の契約内容の把握するために、保険証券のチェックが必須です。 保…
  3. 2018-3-30

    住生、貸与端末の使用料を無償化

    ​住友生命保険が営業職員約3万人から毎月徴収しているタブレット端末の使用料を7月から無償化することが…
  4. 2017-12-4

    日生 海外幹部3倍計画

    ​日本生命保険は、海外グループ会社の経営を担える人材の育成を強化する。 2030年までに現地ビジネ…
  5. 2017-6-20

    郵政系2社の新規業務認可(個人融資や保険見直し)

    総務省と金融庁は19日、ゆうちょ銀行とかんぽ生命が申請していた新規業務を認可した。 ​ゆうちょ銀行…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る