第一生命HD滋賀大と連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスはデータサイエンティストの育成を目的に滋賀大学と産学連携協定を締結した。​

第一生命グループから統計学や保険数理などに知見にある人材を講師として派遣。

将来は同大学データサイエンス学部からのインターンシップ受け入れも検討する。

第一生命グループは生命保険事業のイノベーション創出を目指し、2016年から「インステック」(保険とITの融合)を推進。

その重要テーマとして、第一生命が有する約1000万人に医療ビッグデータの解析を行い、新しい保険商品の開発に役立てている。

(日刊工業新聞 2017/06/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-29

    生保、健康管理アプリ競う

    スマートフォンの便利なアプリを駆使し、消費者の生活習慣を点検したうえで、万が一のリスクを軽くできない…
  2. 2018-11-8

    第一生命 健康アプリ「外販」 スマホ新サービス生保が子会社

    健康アプリ 第一生命ホールディングスは、健康増進サービスを手がける専業子会社を設立し、第1弾として…
  3. 2017-7-11

    日生調べボーナス使い道 「円建て預貯金」

    日本生命保険は「夏のボーナス」に関するアンケートを実施、使途として「円建て預貯金」が最も多いとの調査…
  4. 2017-2-27

    2.似たもの同士は仲が良い

    人は自分と似た人に好感を持ちやすいようになっています。 これを、「類似性の法則」といいます。 …
  5. 2017-2-28

    5、プレゼンテーション・クロージング

    ここまでに見込み客への情報収集で得た意向や情報を元に、見込み客にリスクをカバーするために必要な準備を…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る