第一生命HD滋賀大と連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスはデータサイエンティストの育成を目的に滋賀大学と産学連携協定を締結した。​

第一生命グループから統計学や保険数理などに知見にある人材を講師として派遣。

将来は同大学データサイエンス学部からのインターンシップ受け入れも検討する。

第一生命グループは生命保険事業のイノベーション創出を目指し、2016年から「インステック」(保険とITの融合)を推進。

その重要テーマとして、第一生命が有する約1000万人に医療ビッグデータの解析を行い、新しい保険商品の開発に役立てている。

(日刊工業新聞 2017/06/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-17

    明治安田生命 女性管理職2割超える

    明治安田生命保険は管理職全体に占める女性の割合が4月1日時点で21.2%になった。​ ​2016年…
  2. 2017-3-15

    やる気を起こす3つの原則

    人は努力をして成果をだし、その成果が人を動機づけ、動機づけられると、さらに努力をするものです。 私…
  3. 2017-9-4

    日生と日本郵便提携 郵便局で外貨建て保険

    日本生命保険と日本郵便は30日、外貨建て保険の販売で提携すると発表した。​ 全国1079局の郵便局…
  4. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…
  5. 2017-6-20

    生損保、社外連携活発に

    保険会社が社外と連携して革新的なビジネス創出を目指す「オープンイノベーション」の取り組みを活発化させ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る