保険比較開発 内外から批判 アイリックコーポレーション社長 勝本竜二さん 「顧客第一」貫き成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝本さんは保険代理店を設立し、「本当に必要な情報を顧客は受け取っているのか」という思いから、各社の契約内容を瞬時に分析、比較するシステムを開発した。

現在、店舗数は直営店を含めて181店。商品取扱会社は業界最高水準の40社超となった。

​26歳で外資系生命保険会社を辞め、保険代理店を設立。

スポンサーリンク


当時、代理店は特定の保険会社との専属契約でした。

96年の保険業法改正で規制緩和され、複数の保険会社の商品を取り扱えるようになりましたが、「本当に必要な情報を顧客は受け取っているのか」という思いは残りました。

思いついたのが、商店みたいに保険を並べて、来店者に適した商品を選んでもらう形態です。

「保険クリニック」は日本初の来年型保険ショップでした。

各社の保険料、保険金、条件など商品の特徴を比較した資料を作成し、ブースで説明しました。

盛況ぶりに気をよくしてもっと便利にならないかと考え、2001年にシステム開発に着手したのです。

スポンサーリンク


04年春に完成した時は本当に感動し「これを売りに全国の代理店にフランチャイズ展開しよう」と夢を膨らませました。

保険会社に協力をお願いしたが、「他社商品と平等に比較・分析させるなんて理解できない」と言われ無視された。

クチコミで全国から加盟社要望が集まり、次第に協力してくれる保険会社も現れました。

現在、店舗数は直営店を含めて181店。商品取扱会社は業界最高水準の40社超となった。

(毎日新聞 2017/06/13)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-22

    生保、国内外でM&A

    新中計 成長基盤を構築 ​大手生命保険2社の新たな中期経営計画が2017年度から始まる。日銀のマイ…
  2. 2018-10-12

    認知症早期発見プログラム開発 日生系、介護施設向け

    ​日本生命保険はグループ会社を通じて、認知症の発症を遅らせたり、早期発見したりする専用プログラムを開…
  3. 2017-3-1

    1.社長の生命保険の加入目的

    生命保険の販売について、法人のライフサイクルに着目し、その時期の法人はこういうリスクやニーズがあり、…
  4. 2017-12-4

    日生 海外幹部3倍計画

    ​日本生命保険は、海外グループ会社の経営を担える人材の育成を強化する。 2030年までに現地ビジネ…
  5. 2017-5-31

    新商品投入で巻き返し 第一フロンティア生命

    川島 貴志氏  ​開業10周年の節目に、金井洋前社長からバトンを受け取った。 第一生命保険時代に資…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る