第一生命HD 保険とIT融合 最優先で推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスは26日、都内で定時株主総会を開いた。

稲垣精二社長は「インステック(保険とITの融合)を最優先の戦略課題として推進する」方針を示した。​
 

株主からは「東芝、タカタへの投資はどうなっているか」との質問があったが、「一般論として、損失が出そうな場合は適切に対応する」と述べるにとどめた。

総会では剰余金の処分や新任1人を含む、取締役10人の選任、会計監査人変更の3議案全てを可決した。

(日刊工業新聞 2017/06/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    6.営業サイクルの本当の意味

    営業サイクルの流れ 1.見込客づくり 生命保険営業にとって最も重要。 2.アポイントメ…
  2. 2018-5-2

    日生、資産運用にRPA導入 作業2500時間削減

    日本生命保険は6月から、資産運用業務にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を導入する。…
  3. 2017-9-8

    第一生命 全社業務に仮想ロボット

    第一生命保険は7日、人手によるパソコン作業をコンピュータプログラムが代行するロボティックス・プロセス…
  4. 2017-5-16

    日生、中国でがん保険

    日本生命は中国で、富裕層を主な対象とした医療保険を売り出した。 ​加入者ががんになった場合、追加…
  5. 2017-3-6

    3.みなし贈与財産

    みなし贈与財産とは 贈与とは、「あげます」「はい、いただきます」という双方合意の契約です。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る