第一生命HD 保険とIT融合 最優先で推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスは26日、都内で定時株主総会を開いた。

稲垣精二社長は「インステック(保険とITの融合)を最優先の戦略課題として推進する」方針を示した。​
 

株主からは「東芝、タカタへの投資はどうなっているか」との質問があったが、「一般論として、損失が出そうな場合は適切に対応する」と述べるにとどめた。

総会では剰余金の処分や新任1人を含む、取締役10人の選任、会計監査人変更の3議案全てを可決した。

(日刊工業新聞 2017/06/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    1.営業サイクル

    生命保険営業においては、高い確率で成功することができる方法が確立しています。 これを営業サイクルと…
  2. 2017-2-28

    1.見込客づくり

    ポイントは、ともかく自分が出会う全ての人が見込客であるという認識を持つことが重要です。 保険の仕事…
  3. 2017-3-9

    役員退職慰労金・弔慰金規程ひな型

    役員退職慰労金・弔慰金規程ひな型 このひな型は、あくまでも一般的な内容を想定して作成したものですの…
  4. 2017-8-16

    MS&AD、豪生保に出資 生損保、続々豪へ進出

    ​MS&ADインシュアランスホールディングス(HD)は15日、オーストラリア大手生命保険チャ…
  5. 2018-9-11

    外貨建て養老保険改定 三井生命

    三井生命保険は10日、10月に外貨建ての一時払い養老保険「ドリームロード」を改定すると発表した。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る