保険金請求漏れ防げ防げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社が高齢者の保険金の請求漏れを減らす取り組みを強化している。

高齢化が一段と進む中、契約者や受取人の所在がわからなくなったり、請求に必要な書類の取得に手間取ったりして請求が滞るケースがなくならないためだ。

行政書士と提携

第一生命グループは2日から、行政書士法人とコスモと組んで、保険金の請求に必要な戸籍を自治体から取り寄せる手続きを有料(1通あたり2300円)で大興するサービスを始める。

契約者の高齢者や保険金の受取人が志望しているケースが増える中、保険金んお請求に必要な書類の大興取得サービスを同にゅうし、法定相続人らによる保険金の請求漏れを防ぐ狙いがある。

明治安田生命保険は4月から契約者の自宅などえ請求書の記入を営業所長らが代筆するサービスを始めた。

高齢で視力が低下するなどし、自力で保険金の請求手続きをすることが難しい契約者が増えていることにか対応した。

行政処分

生保各社がこうした対策を強化する背景には、2005年以降、相次いで発覚した保険金の不払い問題がある。

保険商品は遺族ら受取人が保険会社に請求しなければ保険金をもらえないが、受取人が請求しなかったケースを放置したことも問題視され、金融庁から行政処分を受けた。

(読売新聞 2018/07/02)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-12-7

    「節税保険」の見直し要求 金融庁、高い返戻金を問題視

    金融庁が生命保険業界に一部商品の設計の見直しを求めた 中小企業経営者向けの死亡定期保…
  2. 2018-11-12

    外貨保険、中途解約リスク

    ​退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建て保険を契約する人が増えている。 米ドル、豪ドルといっ…
  3. 2018-4-25

    LINEが保険販売 損保ジャパンと提携(損保の内容です)

    LINEは損害保険ジャパン日本興亜と業務提携する。 2018年中にスマートフォンの対話アプリ上で損…
  4. 2017-5-22

    損保3G、当期最高益

    大手損害保険グループ3社は、2018年3月期に6期連続となる当期利益の過去最高更新を目指す。​ 株…
  5. 2017-11-29

    代理店に迫る淘汰の波 生保が手数料体系見直しへ

    保険業界は大きな変化の時を迎えています。 改正保険業法施行(2016年5月) 顧客本位の業務…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る