シニア向け保険相次ぎ登場 90歳まで契約や無告知

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シニア世代をターゲットにした保険が相次ぎ登場している。

90歳まで契約できる医療保険や健康状態の告知が必要ない生命保険のほか、スポーツなど活発に取り組む「アクティブシニア」に向けた共済もある。



◆短期でも10万円

シニア向け保険は一般的に高齢層のニーズに合わせた保険商品で、高齢化や若年人口の減少を背景に保険各社が開発、販売に力を入れている。

明治安田生命保険が昨年12月に発売した「50歳からの終身医療保険」は、90歳まで契約できる。

けがや病気で入院した場合、日数に関係なく1回の給付金は10万円で、日帰り入院も対象になる。

医療保険は入院1日に付き一定額を給付されるタイプが多い。

ただ、最近は全般に入院日数が短くなる傾向にあるため、短い入院でも10万円受け取れることで医療費をカバーしやすくした。

◆葬儀費用として

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険の「新・誰でも終身」は40歳から75歳まで契約できる生命保険。

死亡保障を最大500万円と、一般的な生命保険に比べ低めに抑えた。

健康状態について告知なしで加入できる。



◆他人をけがさせたら

全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)が扱う「こくみん共済」のシニア傷害安心タイプは60歳から79歳まで加入できる。

スポーツやレジャーに積極的な人向けに、他人に損害を与えたときの保障を充実させた。

保険料に当たる掛け金は年齢に関わらず一律月2千円で、法律上の損害賠償責任を負ったとき最高1億円支払われる。

「自転車で人にけがをさせたり旅行中に物を壊したりした場合を想定している」(担当者)という。

朝日生命保険は契約者向けの「シニアにやさしいサービス」を約2年前から提供している。

契約者が認知症になったときなどを想定し、登録した家族向けにも契約内容の説明資料を送付。

要介護状態の人が保険金を請求する際には医療機関での診断書の取得を代行してもらえる。

担当者は「契約者が高齢化する中でアフターサービスに力を入れていく」と説明する。

(産経新聞 2018/03/23)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-14

    外貨保険のリスク説明徹底を

    国内の超低金利環境にもかかわらず、主な生命保険会社の業績が堅調だ。 高めの収益が見込める海外運用を…
  2. 2017-10-26

    保険会社、家事代行と提携(ひまわり生命、料金1割引き)

    ​共働き世帯の増加に伴い、保険会社の間で家事代行業者と提携する動きが広がっている。 損保ジャパン日…
  3. 2018-9-20

    認知症の保障 主契約に 太陽生命、業界初の保険

    太陽生命保険は18日、別の保険に加入することなく認知症の保障を受けられる業界初の認知症保険を10月に…
  4. 2018-7-27

    外貨建ての養老保険参入 第一フロンティア

    第一生命ホールディングス傘下の第一フロンティア生命保険は今秋、一時払い型の外貨建て養老保険に参入する…
  5. 2018-10-30

    三井生命の「健康自慢」 健診への関心高め病気予防にも

    三井生命保険 商品開発部商品開発グループ 古田里絵課長にヒットの理由を聞く。​ 一定の状態を満たし…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る