生保健康診査 テレビで 大同 業界初の導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​T&DHD傘下の大同生命は2月から、テレビ電話を活用して、医師の健康診査なしで高額の生命保険契約ができるシステムを業界で初めて導入する。

​自宅や会社にいる加入者自身にテレビ電話の前で血液検査をしてもらい健康状態を確認する仕組みで、申し込み手続きの負担軽減を図る。

2月から、営業職員のタブレット端末を活用して、加入者が病院に行かなくても契約手続きが行えるシステムを導入する。

具体的には、営業職員が加入者に指先採血検査キットや血圧計を提供。

加入者自身がオペレーターの説明に従い、採血と血圧測定を行う。

(毎日新聞 2018/01/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-31

    若年層、年間2万1400人がん発症…初の推計

    国立がん研究センターは、15~39歳の「AYAアヤ(Adolescent and Young Adu…
  2. 2017-2-22

    7.法人の契約に「年金支払特約」を付加されていらっしゃいますか?

    社長アプローチ話法の具体例を紹介しましょう。 お会いしたとたんに社長さんに・・・ ・お客さま…
  3. 2018-2-26

    明治安田 中高年の研修に注力

    2019年度から定年を65歳に延長する明治安田生命保険。 働き手の減少と業務量の増加が進む中で活躍…
  4. 2018-10-4

    住友生命、アクサ生命と提携し介護関連事業に参入

    住友生命保険とアクサ生命保険は共同で、介護施設の紹介などを手掛ける事業を始める。 10月中にも専用…
  5. 2017-8-10

    「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

    ​第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。 被保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る