生保健康診査 テレビで 大同 業界初の導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​T&DHD傘下の大同生命は2月から、テレビ電話を活用して、医師の健康診査なしで高額の生命保険契約ができるシステムを業界で初めて導入する。

​自宅や会社にいる加入者自身にテレビ電話の前で血液検査をしてもらい健康状態を確認する仕組みで、申し込み手続きの負担軽減を図る。

2月から、営業職員のタブレット端末を活用して、加入者が病院に行かなくても契約手続きが行えるシステムを導入する。

具体的には、営業職員が加入者に指先採血検査キットや血圧計を提供。

加入者自身がオペレーターの説明に従い、採血と血圧測定を行う。

(毎日新聞 2018/01/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-21

    5.生命保険はニーズ販売商品

    購買者心理によれば、日用雑貨のように必要があって購入するものは、比較販売商品といいます。 例えばト…
  2. 2017-9-29

    日本生命 米運用会社へ出資へ 取締役派遣も検討

    日本生命保険が米国の資産運用会社TCWに出資する方向で優先交渉に入ったことが27日、分かった。 株…
  3. 2017-2-21

    生保、国債買い抑制も、今年度末、資産積み増す必要性後退

    例年、年度末に膨らむ傾向のある生命保険会社による国債買いが、今年は控えめな増え方になる可能性が出てき…
  4. 2017-6-30

    太陽光ファンドに出資 日生100億円大同生命20億円

    日本生命保険と大同生命保険は29日、GEEFSエナジー・ジャパン合同会社が設立した太陽光発電事業向け…
  5. 2017-3-3

    2.老後生活資金の準備について

    人生のリスク、保険設計をするうえで考えなければならない2つのリスクがあります。 まず1つ目は、早期…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る