外貨建て保険3300億円目標 明治安田 8月から来年3月まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命の根岸秋男社長は、今年8月から取扱いを始める外貨建て保険について、「2018年3月までに8か月間で、約3300億円の保険料を集めたい」と語った。

​日銀のマイナス金利政策による低金利で、日本円を預かって運用する保険商品の契約数は大きく落ち込んでいる。

米ドルや豪ドルで資産運用することで、年2~3%程度の利回り確保をめざす。

(読売新聞 2017/05/07)

スポンサーリンク



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-16

    第一生命、米で2000億円 保険事業単位で買収検討

    第一生命ホールディングスは米国で、最大2000億円程度の事業買収を進める。​ 米国子会社のプロテク…
  2. 2017-2-27

    5.映像でイメージできるほど伝わっているか

    私たちが話したことが、お客さまの頭の中で映像で浮かんでくるほど想像しやすいかどうかはとても重要です。…
  3. 2017-11-6

    三井住友海上あいおい生命 就労不能保険好調 年間販売目標半年で達成

    ​三井住友海上あいおい生命が4月に発売した、就労不能保険「&LIFE」の販売が好調だ。 9月末時点…
  4. 2018-9-28

    円建て平準払い「トンチン」投入 太陽生命

    商品名は「100歳時代年金」 太陽生命では25日、三菱UFJ銀行を通じて、円建てのトンチン型年金保…
  5. 2017-2-28

    4、情報収集(再面談)

    通常2回目の面談では、初回面談時に、一般論により問題点を指摘し、ニード喚起したことを、見込み客に自分…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る