外貨建て保険3300億円目標 明治安田 8月から来年3月まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命の根岸秋男社長は、今年8月から取扱いを始める外貨建て保険について、「2018年3月までに8か月間で、約3300億円の保険料を集めたい」と語った。

​日銀のマイナス金利政策による低金利で、日本円を預かって運用する保険商品の契約数は大きく落ち込んでいる。

米ドルや豪ドルで資産運用することで、年2~3%程度の利回り確保をめざす。

(読売新聞 2017/05/07)

スポンサーリンク



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-12

    仏パリバ系に出資(三井住友信託)

    三井住友信託銀行は2018年度中に設立される仏保険大手BNPパリバ・カーディフの日本法人に、20%出…
  2. 2017-3-9

    2.企業会計その(2)

    借対照表はB/Sと言われます。 Balance Sheetの略で、貸借対照表の構造をあらわした言葉…
  3. 2018-7-18

    「変えられない行動」を変えたい 住友生命保険・橋本雅博社長

    運動など健康になるための行動を評価する健康増進型保険の新商品「バイタリティ」発売。 住友生命保険の…
  4. 2018-12-13

    生保、東南アジアに注力 中間所得層増え市場拡大

    生命保険各社にとっての東南アジア市場の重要度が増している。 中間所得層の増加や規制の緩和で保険市場の…
  5. 2017-6-27

    乳腺症と乳がんの違いとは?

    乳腺症とはどのような病気か? 乳腺症とは、エストロゲンという卵巣から分泌される女性ホルモンが1カ月…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る