外貨建て保険 相次ぎ参入戦国時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日銀のマイナス金利清濁などに端を発する歴史的な超低金利環境を受け、生命保険会社は4月に保険の運用利回りである予定利率を引き下げた。

その結果、新規契約の保険料が値上がりし各社の販売の重しとなった。

ただ、その中で販売を伸ばしているのが「外貨建て保険」だ。

一時払いの商品も多く、各社の保険料等収入の減少を補っている。​
 
もともと高シェアを持つ三井住友海上プライマリー生命保険、メットライフ生命保険、日本生命保険傘下の三井生命保険、第一生命保険ホールディングス傘下の第一フロンティア生命保険が外貨建て保険を販売していた。

これに2017年は住友生命保険、明治安田生命保険が相次ぎ参入。戦国時代に突入した。

日生は三井生命に加え、10月から日生本体の営業職員チャネルでも外貨建て保険の取り扱いを始めた。

(日刊工業新聞  2017/12/13)
スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-11-19

    生保各社 資金運用先悩む

    ​巨額資金を運用する生命保険各社が、運用先に悩んでいる。 超低金利の日本国債の運用が難しく外国債券…
  2. 2017-7-14

    業界初 専用AI工場構築(SOMPOHD・SONPOシステム)

    ​SOMPOホールディングスとSOMPOシステムズは、NTT東日本と共同で、グループ各社で収集したデ…
  3. 2018-5-31

    三井住友海上 中国で生保

    三井住友海上火災保険は23日、中国の生命保険市場に参入すると発表した。 大手銀行「交通銀行」傘下の…
  4. 2017-3-27

    金融サービス指標 金融庁方針 顧客本意の業務点検

    金融機関に導入を求めるのは、組織や業務の目標の達成度合いを測る「重要業績指標」 金融庁は24日、投…
  5. 2017-4-11

    住生、初の外貨建て保険

    住友生命保険は10日、同社初となる外貨建て保険を17日から販売すると発表した。 ​ 保険料を一括…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る