三井生命と三井住友信託銀が新商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井生命保険と三井住友信託銀行は7日、外貨を円に換算するレートを加入時を基準に固定することで、顧客が毎回円で支払う保険料が一定になる平準払いの外貨建て終身保険「フラット外貨終身」の販売を始めた。

外貨建て保険料の換算レートを固定する保険商品は国内生保業界で初めて。

​両社によると、日銀の金融緩和による超低金利が長期化する中、日本より金利が比較的高い外貨で資産を運用したいというニーズは増えている。

ただ、顧客からは為替変動で毎回支払う保険料が上下することを嫌う声が上がっており、この商品を開発した。

通貨は米ドル、豪ドルを用意した。満期時や解約時に円高だった場合、資産が目減りするリスク自体は抑えられない。

ただ、換算レートを固定するため保険料の払込期間中は為替変動の影響を受けず、毎月の支払い保険料が変動しないため、「顧客が長期的な資産形成の計画を立てやすくなる」(三井生命)のが強みだという。

最低保険料は月払換算で5,000円から。

資金は米社債など外貨建ての債券で運用されるという。

予定利率は毎月更改されるため、市場金利の上昇局面では資産の上乗せも期待できる。

三井生命のニュースリリースはこちら

http://www.mitsui-seimei.co.jp/corporate/news/pdf/20180507_1.pdf

(フジサンケイビジネスアイ 2018/05/08)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-11

    介護休業中の給与補償 三井住友海上 下旬に新型保険

    三井住友海上火災保険は介護に伴って給与が減ったり、無給になったりした際に所得を補償する保険を4月下旬…
  2. 2017-5-1

    かんぽ生命、値上げを好機に

    ​かんぽ生命が4月に保険料を値上げしたものの、新規客の獲得で予想外に健闘している。 ​関係者は、4…
  3. 2017-4-20

    高齢者向け電話対応向上

    チューリッヒ保険は高齢顧客向けサービス強化のためe-ラーニング研修を5月に始める。​ ライフスタイ…
  4. 2017-6-27

    第一生命HD 保険とIT融合 最優先で推進

    第一生命ホールディングスは26日、都内で定時株主総会を開いた。 稲垣精二社長は「インステック(保険…
  5. 2017-2-22

    3.相続をめぐる現状と必要となる対応

    相続をめぐる現状① ■ 遺産分割事件の新受件数推移 相続には相続税だけでなく、「遺産分割」と…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る