三井生命と三井住友信託銀が新商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井生命保険と三井住友信託銀行は7日、外貨を円に換算するレートを加入時を基準に固定することで、顧客が毎回円で支払う保険料が一定になる平準払いの外貨建て終身保険「フラット外貨終身」の販売を始めた。

外貨建て保険料の換算レートを固定する保険商品は国内生保業界で初めて。

​両社によると、日銀の金融緩和による超低金利が長期化する中、日本より金利が比較的高い外貨で資産を運用したいというニーズは増えている。

ただ、顧客からは為替変動で毎回支払う保険料が上下することを嫌う声が上がっており、この商品を開発した。

通貨は米ドル、豪ドルを用意した。満期時や解約時に円高だった場合、資産が目減りするリスク自体は抑えられない。

ただ、換算レートを固定するため保険料の払込期間中は為替変動の影響を受けず、毎月の支払い保険料が変動しないため、「顧客が長期的な資産形成の計画を立てやすくなる」(三井生命)のが強みだという。

最低保険料は月払換算で5,000円から。

資金は米社債など外貨建ての債券で運用されるという。

予定利率は毎月更改されるため、市場金利の上昇局面では資産の上乗せも期待できる。

三井生命のニュースリリースはこちら

http://www.mitsui-seimei.co.jp/corporate/news/pdf/20180507_1.pdf

(フジサンケイビジネスアイ 2018/05/08)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-11-15

    「節税保険」再ブーム過熱 日生の「発明」、国税庁は想定外

    「保険料を経費として計上できます。課税されず、必要なときに解約すればお金が戻ってきます」。 埼玉の…
  2. 2018-11-22

    認知症保険、生損保競う アプリも提供

    保険各社が、認知症関連の保険商品を相次いで投入している。 平均寿命が延びる中、認知症が「長生き」に…
  3. 2017-4-27

    生保9社 国内債券離れ続く

    国内主要生命保険9社の2017年度資産運用方針が26日までに出そろい、5社が国内債への投資を減らすと…
  4. 2017-3-6

    1.生命保険活用のメリット

    なぜ生命保険で相続(税)対策を活用するのか考えて見ましょう。 ■ 相続を抱える人の3つの悩み …
  5. 2017-12-25

    データ共有で病気予防(アクサ生命 KDDIとサービス)

    保険世界最大手の仏アクサグループの日本法人、アクサ生命保険はKDDIと業務提携し、両社の顧客データや…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る