主要生保、5社増収 4~6月 日生の総資産、初のかんぽ超え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内の主な生命保険会社8社の2018年4~6月期決算が10日、出そろった。

売上高に相当する保険料等収入は5社が増収。

低金利下で各社が力を入れる外貨建て保険や経営者向け保険の競争が激化し明暗を分けた。

本業のもうけを示す基礎利益は5社が増益を確保。

日本生命保険は連結総資産で初めてかんぽ生命保険を上回った。

増収となったのは第一生命ホールディングス(HD)や明治安田生命保険など5社。

第一生命HDは外貨建ての一時払い終身保険や個人年金の販売が大幅に増え、前年同期比20%増の1兆2458億円だった。

一方、銀行窓口での外貨建て保険の販売などが伸び悩み、日生の連結保険料等収入は同1%減の1兆3369億円だった。

このほか、外貨建て保険を扱わない富国生命保険と、今夏に新商品販売を控えていた住友生命保険も減収だった。

基礎利益は低金利環境が続くなか、各社は引き続き外債や事業融資などに投資先を振り向けたことが寄与。

利息配当金収入が増え、5社が増益を確保し、明治安田は過去最高益を更新した。

第一生命HDは前年同期に比べ将来の保険金支払いに備えて積み増す準備金の戻し入れ益が減ったため減益だった。

保険料等収入

(日本経済新聞 2018/08/11)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-11-8

    第一生命 健康アプリ「外販」 スマホ新サービス生保が子会社

    健康アプリ 第一生命ホールディングスは、健康増進サービスを手がける専業子会社を設立し、第1弾として…
  2. 2018-5-8

    SBI生命、AIで最適ながん治療法 近大と臨床試験

    ​SBI生命保険は7日、近畿大学と連携して人工知能(AI)を使ったがん患者向けの臨床試験を14日に始…
  3. 2017-3-4

    女性人型ロボットが「ご案内」=保険代理店で実証実験―成田空港

    成田空港第1旅客ターミナルビルの海外旅行保険カウンターに28日、人間に近い表情や動きが特徴の人体型ロ…
  4. 2018-5-18

    生活習慣病保証の「だい杖ぶ」4週間で契約5万件突破

    日本生命保険は、4月2日に販売を始めた生活習慣病に備える商品「だい杖ぶ」(特定重度疾病保障保険)が、…
  5. 2017-2-27

    5.映像でイメージできるほど伝わっているか

    私たちが話したことが、お客さまの頭の中で映像で浮かんでくるほど想像しやすいかどうかはとても重要です。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る