主要生保、5グループが増収、4~12月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内の主な生命保険会社の2017年4~12月期決算が15日、出そろった。

売上高にあたる保険料等収入は8社・グループのうち5グループで増収を確保。

運用環境の改善や利息配当金収入の増加で、本業のもうけにあたる基礎利益は7グループで増益だった。

保険料等収入は昨年4月の保険料引き上げの影響で個人年金などが落ち込んだものの、各社が代替商品を投入。

外貨建て保険を中心に契約を伸ばし、落ち込み分を補った。

基礎利益は昨年末まで円安と株高が続いたことなどを背景に、ほぼ全グループが増益。第一生命ホールディングスは18年3月期の連結純利益を前期比52%増の3510億円に上方修正した。日本生命保険は18年3月期の基礎利益を減益と見込んでいたが、増益に転じる可能性がある。

(日本経済新聞 2018/02/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-26

    2017 新トップに聞く Q「第3分野」競争どう対応 アフラック古出真敏 収入保障保険 柱の一つに

    ​​市場のニーズをくみ取り、差別化した商品を出せるかどうかが競争を勝ち抜くために重要だ。 収入…
  2. 2017-12-8

    睡眠中に息が止まる!?

    睡眠時無呼吸症候群について 睡眠時無呼吸症候群(英語ではSleep Apnea Syndromeと…
  3. 2018-6-11

    外貨保険のリスク説明徹底を

    ​国内の超低金利環境にもかかわらず、主な生命保険会社の業績が堅調だ。 高めの収益が見込める海外運用…
  4. 2018-4-2

    がんゲノム医療 4月から本格実施 連携病院100カ所、体制整う 遺伝子変異に対応した薬で撃退

    ​厚生労働省は1日から、がん患者の遺伝子を調べて治療を行う「がんゲノム(遺伝情報)医療」を本格的に導…
  5. 2018-11-28

    生保、当面は慎重運用

    利上げ局面にある米金融政策や米中貿易戦争の行方などが読みにくく、金融市場の先行き不透明感は強まってい…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る