主要生保、5グループが増収、4~12月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内の主な生命保険会社の2017年4~12月期決算が15日、出そろった。

売上高にあたる保険料等収入は8社・グループのうち5グループで増収を確保。

運用環境の改善や利息配当金収入の増加で、本業のもうけにあたる基礎利益は7グループで増益だった。

保険料等収入は昨年4月の保険料引き上げの影響で個人年金などが落ち込んだものの、各社が代替商品を投入。

外貨建て保険を中心に契約を伸ばし、落ち込み分を補った。

基礎利益は昨年末まで円安と株高が続いたことなどを背景に、ほぼ全グループが増益。第一生命ホールディングスは18年3月期の連結純利益を前期比52%増の3510億円に上方修正した。日本生命保険は18年3月期の基礎利益を減益と見込んでいたが、増益に転じる可能性がある。

(日本経済新聞 2018/02/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-24

    明治安田生命と包括連携協定、愛媛県

    愛媛県は23日、明治安田生命保険と地域の活性化や県民サービスの向上で包括連携協定を結んだ。 ス…
  2. 2018-1-22

    保険金支払い 査定はAIで 明治安田 4月にも

    ​明治安田生命の根岸秋男社長が、保険金や人口知能(AI)を活用し、業務の効率化を進めて査定業務の時間…
  3. 2018-1-11

    日本生命、AIで保険加入・見直しの必要な顧客抽出

    日本生命保険が、人工知能(AI)を活用して保険の加入や見直しの必要な顧客を抽出するシステムの導入を検…
  4. 2017-2-28

    4.営業セオリーの手順

    営業セオリーの手順は、以下の順番になります。 ①一般論により問題点を指摘する ②問題点を自分…
  5. 2017-2-24

    ③アフターフォローの重要性

    生命保険は、加入しても直ぐに役に立つことがほとんどないといっても良いほどの珍しい商品です。 そして…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る