主要生保、5グループが増収、4~12月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内の主な生命保険会社の2017年4~12月期決算が15日、出そろった。

売上高にあたる保険料等収入は8社・グループのうち5グループで増収を確保。

運用環境の改善や利息配当金収入の増加で、本業のもうけにあたる基礎利益は7グループで増益だった。

保険料等収入は昨年4月の保険料引き上げの影響で個人年金などが落ち込んだものの、各社が代替商品を投入。

外貨建て保険を中心に契約を伸ばし、落ち込み分を補った。

基礎利益は昨年末まで円安と株高が続いたことなどを背景に、ほぼ全グループが増益。第一生命ホールディングスは18年3月期の連結純利益を前期比52%増の3510億円に上方修正した。日本生命保険は18年3月期の基礎利益を減益と見込んでいたが、増益に転じる可能性がある。

(日本経済新聞 2018/02/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-17

    生保大手、システム投資 資産運用高度化下支え 外債・内外株 利回り確保

    資産運用の高度化・多様化を推進するため、大手生命保険各社は相次ぎシステム投資に乗り出す。 日本生命…
  2. 2017-12-22

    保険の銀行窓販解禁10年(全体の1割にとどまる)

    銀行窓口での保険商品販売が全面解禁され、22日で10年を迎える。 取り扱う商品の幅は広がってきたが…
  3. 2017-8-17

    新トップに聞く 第一生命ホールディングス 稲垣精二氏54 「若年層向け商品 強化」

    ​国内市場の縮小には、10年かけて事業を多様化してきた。 超低金利での運用については、魅力的な案件…
  4. 2018-4-26

    シニア顧客に専門部隊 生保が高齢者対策

    生命保険各社は「人生100年時代」と言われる高齢社会の進展を見据え、シニア顧客へのサービスを強化して…
  5. 2018-1-24

    公的保険徹底マスターの重要性

    年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。 政府は原則65歳としている(…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る