迅速な保険金支払いに全力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損害保険大手各社は18日、大阪北部地震を受け、家屋などの損壊に対する地震保険の保険金を早期に支払うため、対策本部を設置した。

顧客や代理店の被害情報把握に乗り出すとともに、顧客からの問い合わせの増加に伴い、コールセンターでの人員増員などに動く。

銀行や生命保険会社も被災者への優遇措置を検討している。

​銀行や生保なども被害状況の確認などの情報収集を急いだ。

被害の広がりや政府の災害対策を見極めつつ、対応を検討する。

2016年4月に発生した熊本地震の際、銀行は通帳なしでの支店窓口での現金引き出しや住宅ローン金利の優遇、生保は保険料の支払いの一定期間の猶予や運転免許証での本人確認による保険金の受け取りといった特例対応を行った。

​生命保険協会のニュースリリース

災害救助法適用地域の特別取扱いについて(大阪府)

http://www.seiho.or.jp/info/news/2018/20180618.html

(フジサンケイビジネスアイ 2018/06/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-11

    乳がん治療の歴史 

    世界初! 乳がんの麻酔手術は江戸時代の日本 世界で初めての全身麻酔手術は、江戸時代の日本で行われた…
  2. 2017-4-12

    太陽生命 認知症診断書の記入手引き作成

    太陽生命保険は11日、認知症保険の給付金支払いに必要な診断が円滑に行えるよう、医師向けに「診断書記入…
  3. 2017-5-29

    生保、健康管理アプリ競う

    スマートフォンの便利なアプリを駆使し、消費者の生活習慣を点検したうえで、万が一のリスクを軽くできない…
  4. 2018-3-23

    シニア向け保険相次ぎ登場 90歳まで契約や無告知

    シニア世代をターゲットにした保険が相次ぎ登場している。 90歳まで契約できる医療保険や健康状態の告…
  5. 2017-8-10

    「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

    ​第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。 被保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る