迅速な保険金支払いに全力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損害保険大手各社は18日、大阪北部地震を受け、家屋などの損壊に対する地震保険の保険金を早期に支払うため、対策本部を設置した。

顧客や代理店の被害情報把握に乗り出すとともに、顧客からの問い合わせの増加に伴い、コールセンターでの人員増員などに動く。

銀行や生命保険会社も被災者への優遇措置を検討している。

​銀行や生保なども被害状況の確認などの情報収集を急いだ。

被害の広がりや政府の災害対策を見極めつつ、対応を検討する。

2016年4月に発生した熊本地震の際、銀行は通帳なしでの支店窓口での現金引き出しや住宅ローン金利の優遇、生保は保険料の支払いの一定期間の猶予や運転免許証での本人確認による保険金の受け取りといった特例対応を行った。

​生命保険協会のニュースリリース

災害救助法適用地域の特別取扱いについて(大阪府)

http://www.seiho.or.jp/info/news/2018/20180618.html

(フジサンケイビジネスアイ 2018/06/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-2

    株主総会賛否 進む開示 信託銀や生保 投資先個別に 「顧客優先」強調

    ​信託銀行や生命保険会社など、顧客から預かったお金を企業に投資して運用する「機関投資家」が、投資先の…
  2. 2017-8-10

    「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

    ​第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。 被保…
  3. 2017-7-28

    楽天生命技術ラボ 先端AIの生保応用に特化

    ​楽天生命は7月1日、「楽天生命技術ラボ」を設立した。 ​同ラボは「インシュアテック」の研究に特化…
  4. 2017-6-20

    郵政系2社の新規業務認可(個人融資や保険見直し)

    総務省と金融庁は19日、ゆうちょ銀行とかんぽ生命が申請していた新規業務を認可した。 ​ゆうちょ銀行…
  5. 2017-4-24

    生保協会 会長に橋本氏

    生命保険協会は根岸秋男会長の後任に、住友生命保険社長の橋本雅博氏を内定した。​ 7月21日開催の臨…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る