損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 AI使い当日処理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は保険金支払い業務を自動化。

保険金の支払いを当日中に完了させる。早ければ2018年1月から始める。日本IBMと連携し、同社の人工知能(AI)「ワトソン」を活用する。

スポンサーリンク


現在、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の保険金や給付金の支払いに要する期間は平均で3日間程度。ワトソンを本格的に活用して支払い業務の自動化を進め、顧客が請求する保険金の当日支払いを実現させる。同社の保険金の年間請求件数は12万件程。

当面はこの内30%について当日支払いを実現させ、段階的に比率を高める。医療機関への確認が必要な請求を除き、大半の請求で自動化させる。本格的な導入時期は18年1-3月を想定する。​

(日刊工業新聞 2017/03/24)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-13

    生保協会長、出口戦略開かれた議論を

    生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)の任期最後となった9日の定例会見 日銀が大規模な…
  2. 2017-2-28

    4.生命保険営業の役割と存在意義とはなんでしょうか

    1.ニード喚起 私はかつて先輩から、「生命保険営業は断られることから始まる」と言われました。 …
  3. 2017-6-20

    就労不能保険 売れ行き快調

    就労不能保険が売れている 三井住友海上あいおい生命保険が、働けなくなるリスクへの対応を拡充して4月…
  4. 2017-6-29

    「暮らしと生保」作文募集

    生命保険文化センターは、「わたしたちのくらしと生命保険」をテーマにした作文コンクールの作品を募集して…
  5. 2018-9-18

    がん新患者101万人

    ​国立がん研究センターは15日、2018年に新たにがんと診断される人は国内で101万3600人という…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る