保険金、迅速受け取り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険協会はマイナンバー制度を利用した高齢者対応について提言をまとめた。

高齢化社会が進展し一人暮らしの高齢者も増えるなか、生命保険会社がマイナンバーを利用することで確実・迅速な保険金受け取りや、請求手続きの負担軽減が実現可能になると主張。

根岸秋男会長は、マイナンバーを民間企業が活用する上での課題について「情報の安全管理や制度に関する従業員教育」との認識を示した。

(日刊工業新聞 2017/04/24)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-7

    仕事ができる人できない人  

    仕事ができるとか仕事ができないという評価はどのようにして定まってゆくのでしょうか? はっきりしてい…
  2. 2017-4-13

    ほけんの窓口グループ 100%お客さまを主役・主人公として「お客さまのご意向」を承ることから仕事が始まる

    主に来店型保険ショップを手がける。 「100%お客さまのご意向」を承ることから仕事が始まる」がモッ…
  3. 2018-3-22

    ひまわり生命、中小の健康経営支援 商品・コンサル一括

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は中小企業を対象にした健康経営パッケージの提供を4月に開始する。…
  4. 2017-2-23

    ⑤ 年金早分かり

    1.公的年金制度の基礎知識  ⑤ 年金早分かり 既契約者のお客さまである鈴木様ご夫妻が将来老後受け…
  5. 2017-2-28

    2.購買心理

    自分のことを考えてみても、人が消費者になる、つまり何かを買うという行為をすることは、日常的に行ってい…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る