保険金、迅速受け取り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険協会はマイナンバー制度を利用した高齢者対応について提言をまとめた。

高齢化社会が進展し一人暮らしの高齢者も増えるなか、生命保険会社がマイナンバーを利用することで確実・迅速な保険金受け取りや、請求手続きの負担軽減が実現可能になると主張。

根岸秋男会長は、マイナンバーを民間企業が活用する上での課題について「情報の安全管理や制度に関する従業員教育」との認識を示した。

(日刊工業新聞 2017/04/24)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-2

    広がる健康増進型保険 住友生命保険 取締役代表執行役専務 篠原秀典

    生命保険業界で、健康を後押しする健康増進型保険が広がりを見せている。 当社も、健康であれば保険料を…
  2. 2017-2-27

    2.クロスセルを考えて行動する

    生命保険の販売では、商品を売るというよりもお客さまの人生をサポートするといった大きな使命感が必要です…
  3. 2017-6-27

    年代によって変わる女性の健康問題

    ⼥性の健康問題は年齢によっていろいろ起こってきます。 妊娠・出産 不妊症 卵巣がん …
  4. 2017-6-7

    「父親に」所さんV4 父の日アンケート

    日本生命が6日、発表した「父の日」アンケートで、所ジョージさんが4年連続で「父親にしたい有名人」の首…
  5. 2017-3-1

    7.赤字企業

    赤字企業で気をつけなくてはならないのは連帯保証債務です。 赤字企業の生命保険の加入目的は、社長に万…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る