保険金、迅速受け取り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険協会はマイナンバー制度を利用した高齢者対応について提言をまとめた。

高齢化社会が進展し一人暮らしの高齢者も増えるなか、生命保険会社がマイナンバーを利用することで確実・迅速な保険金受け取りや、請求手続きの負担軽減が実現可能になると主張。

根岸秋男会長は、マイナンバーを民間企業が活用する上での課題について「情報の安全管理や制度に関する従業員教育」との認識を示した。

(日刊工業新聞 2017/04/24)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-16

    主要生保、5グループが増収、4~12月

    国内の主な生命保険会社の2017年4~12月期決算が15日、出そろった。 売上高にあたる保険料等収…
  2. 2017-10-6

    住友生命保険 短期投資でも利益逃さず

    日銀のマイナス金利政策について、 藤戸専務は「プラスに働いた点も多い」、「運用はどんな市場環境でも…
  3. 2018-6-11

    外貨保険のリスク説明徹底を

    ​国内の超低金利環境にもかかわらず、主な生命保険会社の業績が堅調だ。 高めの収益が見込める海外運用…
  4. 2017-6-28

    第一生命グループ 外貨建て新商品 8月に投入

    第一生命グループが外貨建ての一時払い終身保険の新商品を8月に投入することが27日、分かった。 日銀…
  5. 2018-5-31

    介護保険法改正に伴う被保険者への負担

    満40歳以上の方が毎月納める介護保険料。 介護を必要とする人が適切なサービスを受けられるよう社会全…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る