日生 保険料2割値下げ 長寿化受け4月から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は14日、死亡保険の保険料を、4月から定期保険を中心に最大で2割程度引き下げる方針を固めた。

長生きの人が増え保険会社が払う死亡保険金が少なくなっているため。

他の各生保も長寿化を受けた見直しを進めている。

月内にも正式発表する。

値下げは新たに加入するか、契約を更新する人が対象。

子どもの養育費などとして保障を手厚くしたい期間に入る定期保険の下げ幅は大きく、生涯保障が続く終身保険の下げ幅は小さくなる見通し。

一方で長生きで、存命中の病気やケガのリスクは高まる。

日本銀行のマイナス金利政策による超低金利で保険料の運用環境が厳しく、財務の健全性を保つ必要もあるため、医療保険は値上げとなる見通しだ。

ただ、売れ筋の医療保険は価格競争が激しく、上げ幅はわずかにとどめる見込み。

昨春に値上げした年金保険などの貯蓄型保険は、今回は保険料を据え置くことにした。

(朝日新聞 2018/02/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-22

    明治安田 健康経営支援で基本合意

    健康関連ITベンチャーのFiNC(フィンク、東京都千代田区)と明治安田生命保険 両社は、21日、企…
  2. 2018-5-23

    総合職の賃金制度統一 ひまわり生命、エリア職の待遇上げ

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は7月から、総合職約2100人の賃金制度を統一する。 転勤のな…
  3. 2017-6-13

    保険比較開発 内外から批判 アイリックコーポレーション社長 勝本竜二さん 「顧客第一」貫き成長

    勝本さんは保険代理店を設立し、「本当に必要な情報を顧客は受け取っているのか」という思いから、各社の契…
  4. 2017-3-9

    1.企業会計その(1)

    法人契約を取り扱うためには社長と話をしなければなりません。 また、税理士は法人案件の紹介元になった…
  5. 2018-3-2

    住生が代理店販売倍増

    住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大する。 子会…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る