日生 保険料2割値下げ 長寿化受け4月から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は14日、死亡保険の保険料を、4月から定期保険を中心に最大で2割程度引き下げる方針を固めた。

長生きの人が増え保険会社が払う死亡保険金が少なくなっているため。

他の各生保も長寿化を受けた見直しを進めている。

月内にも正式発表する。

値下げは新たに加入するか、契約を更新する人が対象。

子どもの養育費などとして保障を手厚くしたい期間に入る定期保険の下げ幅は大きく、生涯保障が続く終身保険の下げ幅は小さくなる見通し。

一方で長生きで、存命中の病気やケガのリスクは高まる。

日本銀行のマイナス金利政策による超低金利で保険料の運用環境が厳しく、財務の健全性を保つ必要もあるため、医療保険は値上げとなる見通しだ。

ただ、売れ筋の医療保険は価格競争が激しく、上げ幅はわずかにとどめる見込み。

昨春に値上げした年金保険などの貯蓄型保険は、今回は保険料を据え置くことにした。

(朝日新聞 2018/02/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-4

    外資生保、日本に熱い視線 2社に聞く

    日本の生命保険市場は、米国に次ぐ世界第2位の規模を持つ。少子高齢化が進む成熟市場だが、実績のある外資…
  2. 2017-8-4

    病気とお金を考える

    身近な病気と言われている「がん」についてのお話。 現代では、おおよそ2人に1人が、がんと診断され、…
  3. 2018-7-27

    外貨建ての養老保険参入 第一フロンティア

    第一生命ホールディングス傘下の第一フロンティア生命保険は今秋、一時払い型の外貨建て養老保険に参入する…
  4. 2017-12-22

    生保、乗り合い代理店への上乗せ報酬自粛

    生命保険協会が、複数の保険を扱う「乗り合い代理店」に対して通常の手数料とは別に支払う上乗せ報酬を自粛…
  5. 2017-2-27

    2.他人に紹介してもらう

    あなたは、自己紹介用の冊子を作っていますか。 チラシ程度でもかまいませんが、プロフィールや自分の考…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る