日生 保険料2割値下げ 長寿化受け4月から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は14日、死亡保険の保険料を、4月から定期保険を中心に最大で2割程度引き下げる方針を固めた。

長生きの人が増え保険会社が払う死亡保険金が少なくなっているため。

他の各生保も長寿化を受けた見直しを進めている。

月内にも正式発表する。

値下げは新たに加入するか、契約を更新する人が対象。

子どもの養育費などとして保障を手厚くしたい期間に入る定期保険の下げ幅は大きく、生涯保障が続く終身保険の下げ幅は小さくなる見通し。

一方で長生きで、存命中の病気やケガのリスクは高まる。

日本銀行のマイナス金利政策による超低金利で保険料の運用環境が厳しく、財務の健全性を保つ必要もあるため、医療保険は値上げとなる見通しだ。

ただ、売れ筋の医療保険は価格競争が激しく、上げ幅はわずかにとどめる見込み。

昨春に値上げした年金保険などの貯蓄型保険は、今回は保険料を据え置くことにした。

(朝日新聞 2018/02/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-3

    ②公的医療保険制度の全体像

    まず大切なことをお伝えします。国民年金って原則何歳から何歳まで加入でしたっけ? 原則20歳から60…
  2. 2018-1-30

    日生 営業職員成果給引き上げへ 5年連続、処遇改善で人員確保

    日本生命が2018年度から、営業職員の成果給引き上げを検討していることが29日分かった。 ​今月中…
  3. 2017-2-28

    5、プレゼンテーション・クロージング

    ここまでに見込み客への情報収集で得た意向や情報を元に、見込み客にリスクをカバーするために必要な準備を…
  4. 2017-4-5

    東京海上日動火災保険社長の北沢利文さん 健康経営

    「少子高齢化で働き手が減り採用も難しくなる。 労働力減少という切実な社会的課題が顕在化する」と強い…
  5. 2017-6-14

    ひまわり生命がクアオルト活動

    温泉×運動=健康経営ー。 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は温泉地で健康増進を目指す活動「クア…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る