ソニー生命、定期死亡保険の保険料引き下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー生命保険は9日、主力の定期死亡保険の保険料を引き下げると発表した。

2月から4商品、4月から3商品の保険料を改定する。

スポンサーリンク


長寿化を受け4月に年齢ごとの死亡率をまとめた「標準生命表」が11年ぶりに改定されるのに伴う措置。

終身保険や医療保険は4月以降も保険料を据え置く方針としている。

一部の長期契約を除き、原則として定期死亡保険の毎月支払う保険料を引き下げる。

保険金額が5000万円の最も標準的な商品で、30歳男性が60歳まで保険料を支払う場合、改定後の支払額は現在よりも15%下がる。

個人保険の分野で、標準生命表改定に合わせた料率改定を発表するのは主要生保で初めて。

団体生命保険ではすでに明治安田生命保険が4月から保険料を11年ぶりに引き下げると発表。

大手生保3社も同様に引き下げる方針だ。

●ソニー生命のプレスリリースはこちら(1/9付)

http://www.sonylife.co.jp/company/news/29/files/180109_ryouritu.pdf

 

(日本経済新聞 2018/01/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-29

    ネット通販など契約ルール明確化

    インターネット通販や生命保険などの契約ルールを明確化する改正民法が26日、参院本会議で可決、成立した…
  2. 2017-7-21

    24日テレワーク・デイ 生損保、積極参加

    政府が勤務体制の柔軟化を目指して呼びかけている24日の「テレワーク・デイ」に呼応し、生損保各社が取り…
  3. 2018-1-30

    日生 営業職員成果給引き上げへ 5年連続、処遇改善で人員確保

    日本生命が2018年度から、営業職員の成果給引き上げを検討していることが29日分かった。 ​今月中…
  4. 2018-1-17

    ビール3本以上は要注意!肝臓疾患を徹底解説

    お酒の飲みすぎは肝臓に負担がかかる、ということはよく知られたことです。 では、具体的にどのくら…
  5. 2018-1-19

    新春インタビュー直球緩球(第一生命HD 稲垣精二社長)

    日米にフィンテック開発拠点 ​--昨春の社長就任後、新たに見えてきた課題は 「当社が目指すのはグ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る