ソニー生命、定期死亡保険の保険料引き下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー生命保険は9日、主力の定期死亡保険の保険料を引き下げると発表した。

2月から4商品、4月から3商品の保険料を改定する。

スポンサーリンク


長寿化を受け4月に年齢ごとの死亡率をまとめた「標準生命表」が11年ぶりに改定されるのに伴う措置。

終身保険や医療保険は4月以降も保険料を据え置く方針としている。

一部の長期契約を除き、原則として定期死亡保険の毎月支払う保険料を引き下げる。

保険金額が5000万円の最も標準的な商品で、30歳男性が60歳まで保険料を支払う場合、改定後の支払額は現在よりも15%下がる。

個人保険の分野で、標準生命表改定に合わせた料率改定を発表するのは主要生保で初めて。

団体生命保険ではすでに明治安田生命保険が4月から保険料を11年ぶりに引き下げると発表。

大手生保3社も同様に引き下げる方針だ。

●ソニー生命のプレスリリースはこちら(1/9付)

http://www.sonylife.co.jp/company/news/29/files/180109_ryouritu.pdf

 

(日本経済新聞 2018/01/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-22

    仮想ロボ導入 生損保で続々

    保険会社で、定型的な事務作業を自動化するコンピュータプログラム「RPA」の導入が活発だ。​ 日本生…
  2. 2018-9-21

    診断の遅れ、保険で減らす 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命大場社長インタビュー

    超高齢社会になりました。長寿は喜ばしいですが、長生きのリスクに直面するようになりました。 生命保険…
  3. 2018-6-7

    日生、SDGsファンドに50億円投資

    ​日本生命保険は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関連した企業の株式で運用するファンドに50億…
  4. 2017-2-24

    ③ファクトファインディング時のポイント

    1.事情聴取のようにならないようにする 例えば、収入について聞き取る場面で、こんな聴き方をする人は…
  5. 2017-5-9

    大同生命 HAL治療に無料特約

    大同生命保険は8日、サイバーダインのロボットスーツ「HAL」による治療の保障付き保険商品の取り扱いを…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る