ソニー生命、定期死亡保険の保険料引き下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー生命保険は9日、主力の定期死亡保険の保険料を引き下げると発表した。

2月から4商品、4月から3商品の保険料を改定する。

スポンサーリンク


長寿化を受け4月に年齢ごとの死亡率をまとめた「標準生命表」が11年ぶりに改定されるのに伴う措置。

終身保険や医療保険は4月以降も保険料を据え置く方針としている。

一部の長期契約を除き、原則として定期死亡保険の毎月支払う保険料を引き下げる。

保険金額が5000万円の最も標準的な商品で、30歳男性が60歳まで保険料を支払う場合、改定後の支払額は現在よりも15%下がる。

個人保険の分野で、標準生命表改定に合わせた料率改定を発表するのは主要生保で初めて。

団体生命保険ではすでに明治安田生命保険が4月から保険料を11年ぶりに引き下げると発表。

大手生保3社も同様に引き下げる方針だ。

●ソニー生命のプレスリリースはこちら(1/9付)

http://www.sonylife.co.jp/company/news/29/files/180109_ryouritu.pdf

 

(日本経済新聞 2018/01/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-6

    金融庁、ソニー生命に立ち入り検査

    ​ソニー生命保険の社員から架空の生命保険契約で現金をだまし取られる被害が相次ぎ、金融庁が同社に立ち入…
  2. 2017-6-21

    健保 生保が助っ人(明治安田や日生 従業員の健康指導)

    生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次…
  3. 2017-5-19

    第一生命、米VB支援企業と提携

    第一生命保険が米シリコンバレーでベンチャー企業の支援を手掛けるプラグアンドプレイと提携したことが18…
  4. 2017-6-29

    認知症支える保険続々(メットライフや東京海上)

    ​認知症を対象とした商品を保険会社が充実させている。 ​メットライフ生命は7月、認知症と診断された…
  5. 2017-11-21

    損保顧客から生保販売を!損保募集人だからできること

    損保×生保のクロスセル 1つ目のポイントは、面談をすることです!! 募集人の皆さんと、損保のお客…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る