ソニー生命、定期死亡保険の保険料引き下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー生命保険は9日、主力の定期死亡保険の保険料を引き下げると発表した。

2月から4商品、4月から3商品の保険料を改定する。

スポンサーリンク


長寿化を受け4月に年齢ごとの死亡率をまとめた「標準生命表」が11年ぶりに改定されるのに伴う措置。

終身保険や医療保険は4月以降も保険料を据え置く方針としている。

一部の長期契約を除き、原則として定期死亡保険の毎月支払う保険料を引き下げる。

保険金額が5000万円の最も標準的な商品で、30歳男性が60歳まで保険料を支払う場合、改定後の支払額は現在よりも15%下がる。

個人保険の分野で、標準生命表改定に合わせた料率改定を発表するのは主要生保で初めて。

団体生命保険ではすでに明治安田生命保険が4月から保険料を11年ぶりに引き下げると発表。

大手生保3社も同様に引き下げる方針だ。

●ソニー生命のプレスリリースはこちら(1/9付)

http://www.sonylife.co.jp/company/news/29/files/180109_ryouritu.pdf

 

(日本経済新聞 2018/01/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-21

    日生、保険ショップ買収、「ほけんの110番」、若者の販路開拓。

    日本生命保険は全国で保険ショップを展開する「ほけんの110番」(福岡県粕屋町)を買収する方針。 …
  2. 2017-3-3

    ④高額療養費

    医療費の自己負担が高額になるとどうなるか? 高額療養費制度というものがあります。 窓口での医…
  3. 2017-3-16

    新人営業マンのためのマナースキル 名刺の取り扱い

    名刺の取り扱い 1.名刺は原則として名刺入れに入れる <男性> 名刺入れは、背広の内ポケット…
  4. 2017-2-27

    4.生命保険におけるコレクター精神

    特に記念切手を集めるといった収集癖がなかったとしても、人は誰でもコレクター精神を持ち合わせています。…
  5. 2017-8-7

    顧客のリスクオフ傾向強く 第一フロンティア生命保険社長 川島貴志氏 外貨建て定額保険の販売が好調

    ​第一フロンティア生命社長の川島氏は、マイナス金利政策の導入後に日本の長期金利が低下したのを機に外貨…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る