住友生命と明治安田 4月保険料一部値上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険と明治安田生命保険は23日、保険料を毎月支払う平準払い型の保険商品について、4月から保険料を一部値上げすると発表した。

日銀のマイナス金利政策の影響で、市場金利が大幅に下がり、資産運用が困難になったため。3月末にかけて値上げまでの駆け込み需要が、4月以降は反動減で販売の苦戦が予想される。

スポンサーリンク


主な値上げの対象は終身保険、個人年金保険、学資保険など貯蓄型の保険。住友生命は貯蓄系では平均15%の値上げ。個人年金保険で見ると30歳男性が保険金100万円で加入した場合、65歳まで払い込む月払保険料は2万2660円と現在から17%増、女性は2万2650円と同16.5%増になる。

明治安田生命は平均9.3%の値上げ。50歳男性が保険金1000万円の終身保険に加入した場合、保険料は月3万3520円と現在から約10%上がる。​ただ、主力商品の保障性商品は病気の発生率などを見直した結果、20-50代を対象に、おおむね2-5%台の範囲で値下げする。

(2017/2/24 日刊工業新聞)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-21

    2.人は「みんながそうしている」ことに納得する

    人は自分の頭で物事を判断しません。 一般的にはこうですとか、皆さんがこうおっしゃっていますとか言わ…
  2. 2017-5-1

    なるほどマネー 退職金運用の前に 長寿に有利「トンチン年金」

    ​老後のリスクについてのポイント ・長生きは、必要なお金が多いという面ではリスクも ・個人年…
  3. 2017-5-1

    ライバルに比べられない自分になる、強み発掘の法則

    生命保険営業において、私自身が実践したライバルに比べられない自分になるための、強み発掘の法則をお伝え…
  4. 2017-10-5

    日本生命、マスミューチュアル生命を買収へ

    1000億~2000億円 銀行窓販を強化 日本生命保険は中堅のマスミューチュアル生命保険を買収する…
  5. 2018-7-25

    生命保険協会会長・稲垣精二氏 ESG投融資の研究推進

    生命保険協会会長に第一生命保険の稲垣精二社長が就任した。 国内生保業界は低金利環境が長引き、稼ぎ頭…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る