日生、割安保険の新会社 19年春にも「ショップ向け」開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は、複数の保険商品を販売する保険ショップ向けに特化して、割安の医療保険などを開発する新会社を設立する方向で調整に入った。

2018年度中に設立に向けた準備会社をつくり、19年4月以降の営業開始を目指して金融庁に営業免許の取得を申請する方針だ。

スポンサーリンク


​若年層に人気の高い保険ショップ向け商品を強化し、新たな契約者の獲得を目指す。

保険業界では、「ほけんの窓口」などの保険シップなどを通じた加入が増えている。

第一生命HDや住友生命は、保険ショップなどに特化した商品をつくる子会社をすでに持っており、日本生命は後れを取っていた。

日本生命は、銀行や証券会社など金融機関の窓口販売についても強化するため、外資系生保マスミューチュアル生命を近く買収する方針だ。

(読売新聞  2017/10/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-15

    日生 保険料2割値下げ 長寿化受け4月から

    ​日本生命保険は14日、死亡保険の保険料を、4月から定期保険を中心に最大で2割程度引き下げる方針を固…
  2. 2017-12-22

    生保、乗り合い代理店への上乗せ報酬自粛

    生命保険協会が、複数の保険を扱う「乗り合い代理店」に対して通常の手数料とは別に支払う上乗せ報酬を自粛…
  3. 2018-5-18

    日生が保険ショップ向け商品 新会社、伊藤忠出資も

    日本生命保険は、若い世代や家族連れの顧客が多い保険ショップ(販売代理店)向けの保険開発を始める。 …
  4. 2017-3-22

    団体年金の運用、相場下落に強く、明治安田が新商品

    明治安田生命保険は運用環境の変化に応じて柔軟に資産構成を入れ替える年金商品を開発した。 ​スポン…
  5. 2018-8-23

    「節税保険」なお拡充

    大手生命保険の定期保険を巡り、販売現場で「節税」がPRされ、金融庁が一部の商品設計を問題視している。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る