日生、割安保険の新会社 19年春にも「ショップ向け」開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は、複数の保険商品を販売する保険ショップ向けに特化して、割安の医療保険などを開発する新会社を設立する方向で調整に入った。

2018年度中に設立に向けた準備会社をつくり、19年4月以降の営業開始を目指して金融庁に営業免許の取得を申請する方針だ。

スポンサーリンク


​若年層に人気の高い保険ショップ向け商品を強化し、新たな契約者の獲得を目指す。

保険業界では、「ほけんの窓口」などの保険シップなどを通じた加入が増えている。

第一生命HDや住友生命は、保険ショップなどに特化した商品をつくる子会社をすでに持っており、日本生命は後れを取っていた。

日本生命は、銀行や証券会社など金融機関の窓口販売についても強化するため、外資系生保マスミューチュアル生命を近く買収する方針だ。

(読売新聞  2017/10/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-27

    超高齢社会と生命保険

    高齢者の占率の増加という年齢構成のアンバランスの問題と、高齢者自体の年齢構成の高齢化、という2つの高…
  2. 2018-12-4

    第一生命、自社の不動産を起業支援施設に

    第一生命保険は自社で持つ不動産をベンチャー企業の起業支援施設として活用する。 運営会社と組んで12…
  3. 2017-9-23

    eラーニングで資格対策 FP継続対策にもうってつけ

    年間14万人以上で利用されているeラーニングサイト【資格対策ドットコム】 「FP」など、受験者数が…
  4. 2017-2-22

    3.相続をめぐる現状と必要となる対応

    相続をめぐる現状① ■ 遺産分割事件の新受件数推移 相続には相続税だけでなく、「遺産分割」と…
  5. 2018-2-5

    生活習慣病でも保険加入OK

    ​​生命保険業界で医療ビッグデータを活用する動きが広がってきた。 かんぽ生命保険は契約者の病歴など…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る