日生、割安保険の新会社 19年春にも「ショップ向け」開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は、複数の保険商品を販売する保険ショップ向けに特化して、割安の医療保険などを開発する新会社を設立する方向で調整に入った。

2018年度中に設立に向けた準備会社をつくり、19年4月以降の営業開始を目指して金融庁に営業免許の取得を申請する方針だ。

スポンサーリンク


​若年層に人気の高い保険ショップ向け商品を強化し、新たな契約者の獲得を目指す。

保険業界では、「ほけんの窓口」などの保険シップなどを通じた加入が増えている。

第一生命HDや住友生命は、保険ショップなどに特化した商品をつくる子会社をすでに持っており、日本生命は後れを取っていた。

日本生命は、銀行や証券会社など金融機関の窓口販売についても強化するため、外資系生保マスミューチュアル生命を近く買収する方針だ。

(読売新聞  2017/10/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-5

    フリーランス、経済規模20兆円 今年推計、9%増で最高

    フリーランスの経済規模が拡大している。 クラウドソーシング大手のランサーズ(東京・渋谷)が4日に公…
  2. 2018-11-12

    外貨保険、中途解約リスク

    ​退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建て保険を契約する人が増えている。 米ドル、豪ドルといっ…
  3. 2017-9-22

    仮想ロボ導入 生損保で続々

    保険会社で、定型的な事務作業を自動化するコンピュータプログラム「RPA」の導入が活発だ。​ 日本生…
  4. 2018-12-5

    高齢者マーケットへの生命保険販売の推進

    高齢者マーケットへの生命保険販売 目次 1、生命保険に関する全国実態調査 2、日本の高…
  5. 2017-2-22

    4.法人保険はなぜ必要か

    法人保険はなぜ必要なのか? 経営者 ・一時に現金が必要になり、経営を圧迫しかねない。 ・勇退…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る