日生、割安保険の新会社 19年春にも「ショップ向け」開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は、複数の保険商品を販売する保険ショップ向けに特化して、割安の医療保険などを開発する新会社を設立する方向で調整に入った。

2018年度中に設立に向けた準備会社をつくり、19年4月以降の営業開始を目指して金融庁に営業免許の取得を申請する方針だ。

スポンサーリンク


​若年層に人気の高い保険ショップ向け商品を強化し、新たな契約者の獲得を目指す。

保険業界では、「ほけんの窓口」などの保険シップなどを通じた加入が増えている。

第一生命HDや住友生命は、保険ショップなどに特化した商品をつくる子会社をすでに持っており、日本生命は後れを取っていた。

日本生命は、銀行や証券会社など金融機関の窓口販売についても強化するため、外資系生保マスミューチュアル生命を近く買収する方針だ。

(読売新聞  2017/10/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-21

    作業中のストレスチェック

    三井住友海上 スマホアプリ開発 ​三井住友海上火災保険が作業中のストレスや健康状態をチェックする機…
  2. 2018-4-27

    日生、ESG投資7000億円 20年度までの目標引き上げ

    日本生命保険は、環境や社会、ガバナンス(統治)に考慮した事業を展開する企業などに投資する「ESG債」…
  3. 2017-2-24

    ①ファーストアプローチの目的

    Ⅰ.一般的なコンサルティングセールスの基本形 この基本形を身につけるねらいは、営業サイクルに基づい…
  4. 2017-3-24

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 AI使い当日処理

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は保険金支払い業務を自動化。 保険金の支払いを当日中に完了…
  5. 2018-10-30

    三井生命の「健康自慢」 健診への関心高め病気予防にも

    三井生命保険 商品開発部商品開発グループ 古田里絵課長にヒットの理由を聞く。​ 一定の状態を満たし…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る