日生が保険ショップ向け商品 新会社、伊藤忠出資も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、若い世代や家族連れの顧客が多い保険ショップ(販売代理店)向けの保険開発を始める。

金融庁の認可を前提に2019年春にも専用会社をつくる。

保険ショップ最大手に出資する伊藤忠商事も関心を示しており、出資・連携を協議する。

新興の販売網である保険ショップへの対応に慎重だった最大手が方針を転換する。

今夏にも準備会社を設立し、新会社の認可を金融庁に申請する。

保険ショップは、保障内容が簡素で低価格な医療保険や、働けなくなった時に給料を保障する保険などを中心に販売している。

新会社は専用商品を開発し、全国各地の保険ショップに卸す。

日生は全国で5万人にのぼる営業職員による販売を強みとしてきた。

これまでは営業職員の脅威になるとし、保険ショップ向けの事業に慎重だった。

近年は職場や自宅への訪問販売が難しくなり、営業職員が顧客との接点を持ちづらくなった。

営業職員の販売網を補完する狙いで、保険ショップや銀行窓販を強化する方針に転換した。

矢野経済研究所(東京・中野)によると、来店型保険ショップの市場規模(新契約の年換算保険料)は、11年度の665億円から17年度に2064億円まで拡大したと推定される。

日生の新会社には、伊藤忠も関心を示している。

伊藤忠は13年度に朝日生命保険と折半出資で保険ショップ向けの事業会社を設立。

14年度にはショップ最大手「ほけんの窓口グループ」にも出資し、持ち分法適用会社としている。

日生と伊藤忠は新会社への出資・協業のあり方を探る。

保険ショップへの対応では、オリックス生命保険やメットライフ生命保険などの新興生保が先行する。

日生も17年度に銀行窓販に強いマスミューチュアル生命保険の買収を決め、販路開拓を進めている。

低金利下で貯蓄性保険の販売が伸び悩むなか、低価格の医療保険や働けなくなった時の資金保障保険は成長分野でもある。

最大手が本格的に保険ショップ分野に参入することで、商品の競争は激しくなりそうだ。

(日本経済新聞 2018/05/14)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-12-17

    がんゲノム医療 初承認へ 検査システム、普及へ一歩

    がんゲノム医療 ​厚生労働省は、がん患者の遺伝子変異を調べ、効果が見込める薬を選ぶ「…
  2. 2018-7-27

    太陽生命、“社内禁煙”達成 健康経営推進

    ​​太陽生命保険は6月末までに全社挙げての“社内禁煙”を達成した。 2017年10月に「健康経営を…
  3. 2017-3-1

    5.事業承継期

    企業の事業承継について現状をみると、社長の平均年齢は58.9歳と年々上昇し、60歳に近づいてきていま…
  4. 2018-1-4

    AIで生む営業戦力(生損保、事務にメス)

    ​​保険各社がデジタル技術による業務の見直しに動いている。 人工知能(AI)を使う技術や事務処理の…
  5. 2017-12-19

    日生出資のインドネシア生保 中間層開拓新規契約3倍

    日本生命保険が20%出資するインドネシアの生命保険「セクイスライフ」は中間所得層の開拓を加速、201…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る