日本生命 「保険ショップ」強化 7月にも準備会社設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は24日、保険ショップなどの代理店経由で販売する商品に特化した新たな保険子会社を設立すると発表した。

割安の医療保険などを開発し、近年急成長する代理店ルートの販売に本腰を入れる。最大手の参入で競争が激しさを増すのは必至。

7月にも準備会社を設立し、金融庁の認可を経て、2019年4月以降の営業開始を目指す。

保険ショップは複数の会社の商品を顧客が比較して選べるのが特徴で、保障内容が簡素で低価格な医療保険や死亡保険などが人気を集めやすい。

このため新会社は、日本生命とは別のブランド名とし、より安く、売れ筋に応じた商品を迅速に開発していく。

保険業界では、営業職員が自宅や企業を直接訪問して保険を販売するのが伝統的な手法だ。

だが、近年はマンションや企業の防犯強化で、営業職員が顧客に会いに行くのが難しい。

若年層を中心に自ら保険商品を比較して選びたいというニーズも増えており、第一生命ホールディングスや住友生命保険はすでに代理店に特化した商品を作る子会社を設立している。

日本生命は、全国約5万人の営業職員による販売が強みだったが、15年以降は保険ショップに相次いで出資している。

(毎日新聞 2018/05/25)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-7

    仕事ができる人できない人  

    仕事ができるとか仕事ができないという評価はどのようにして定まってゆくのでしょうか? はっきりしてい…
  2. 2017-2-28

    3.営業セオリー

    生命保険営業では、上手にお客さまの問題点を指摘する方法として、営業セオリーが存在します。 生命保険…
  3. 2017-3-3

    ⑤入院時のその他の費用

    入院時食事療養費 入院時の食事は現物給付されますが、一部分の金額は自己負担となります。1食360円…
  4. 2017-10-16

    将来日本の推計人口は?

    日本の総人口は減少を続け今から36年後の2053年には1億人を切り9,924万人水準まで減少します。…
  5. 2018-4-4

    カーディフ生命 住友生命が出資

    住友生命保険はカーディフ生命保険に出資する方針だ。 ​出資額は明らかにしていないが、同社の株式5%…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る