日本生命 「保険ショップ」強化 7月にも準備会社設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は24日、保険ショップなどの代理店経由で販売する商品に特化した新たな保険子会社を設立すると発表した。

割安の医療保険などを開発し、近年急成長する代理店ルートの販売に本腰を入れる。最大手の参入で競争が激しさを増すのは必至。

7月にも準備会社を設立し、金融庁の認可を経て、2019年4月以降の営業開始を目指す。

保険ショップは複数の会社の商品を顧客が比較して選べるのが特徴で、保障内容が簡素で低価格な医療保険や死亡保険などが人気を集めやすい。

このため新会社は、日本生命とは別のブランド名とし、より安く、売れ筋に応じた商品を迅速に開発していく。

保険業界では、営業職員が自宅や企業を直接訪問して保険を販売するのが伝統的な手法だ。

だが、近年はマンションや企業の防犯強化で、営業職員が顧客に会いに行くのが難しい。

若年層を中心に自ら保険商品を比較して選びたいというニーズも増えており、第一生命ホールディングスや住友生命保険はすでに代理店に特化した商品を作る子会社を設立している。

日本生命は、全国約5万人の営業職員による販売が強みだったが、15年以降は保険ショップに相次いで出資している。

(毎日新聞 2018/05/25)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-28

    セカンドオピニオンは何のためにある?

    他の治療法を探すことだけがメリットではない。 患者がある病気で診断を下された際に、診断結果やその後…
  2. 2018-9-20

    地銀経営は360度で点検 金融庁、ガバナンス浸透把握

    金融庁の遠藤俊英長官は日本経済新聞のインタビューで、金融機関のガバナンス(統治)体制の検証に一段と踏…
  3. 2017-3-6

    2.相続と相続税の概要

    1.相続の権利相続 (1) 相続の効果 基本的に相続は、財産だけはなく負債も相続しなければなりま…
  4. 2017-9-4

    日生と日本郵便提携 郵便局で外貨建て保険

    日本生命保険と日本郵便は30日、外貨建て保険の販売で提携すると発表した。​ 全国1079局の郵便局…
  5. 2017-6-14

    日本生命、新サービス実証実験

    ​郵便局で企業と遠隔対面 ​日本郵政グループの日本郵便は13日、郵便局のネットワークを活用し、地域…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る