かんぽ”標準”勝ち取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本郵政グループのかんぽ生命保険が米IBMの認知型コンピュータシステム「ワトソン」の本格運用を開始して1カ月が過ぎた。

4月から保険金支払い業務がスタート。コールセンターでの運用も始まった。

スポンサーリンク



将来はゆうちょ銀行などグループ全体での運用のほか、生命保険会社や損害保険会社など同業他社とのシステム連携も視野に入れる。

「保険システムのデファクトスタンダードを狙いたい」

井戸潔かんぽ生命保険副社長は意気込む。

約3200万件と生保契約件数の過半を占めるかんぽ生命の基幹系システム「ワトソン」をオープン化した。

かんぽ生命の年間保険金請求は約260万件。このため査定人数も2000人弱と極めて多い。

少子高齢化、人手不足が進む中、人材の確保と教育・訓練が大きな悩みだった。

井戸副社長は「5年で償却する」とし、5年間でハード調達・保守コストを5年前に比べ320億円と削減。ソフト開発コストも180億円の削減が可能だとしている。

開発当初から基幹系システムの連携サーバは接続系メーンフレームを廃止してオープン化した。

(日刊工業新聞 2017/05/04)

スポンサーリンク



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-12

    かんぽ保険金 審査にAI活用

    ​かんぽ生命保険は11日、入院、手術などに応じた保険金の審査に、日本IBMの人口知能(AI)「ワトソ…
  2. 2017-7-3

    顧客の現況確認 本格運用

    日本郵政グループの日本郵便は30日、簡易書留郵便に返信用はがきを添えて、相手に送り返してもらう「返信…
  3. 2017-3-15

    セカンドオピニオンで助かった、陽子線(先進医療)による膀胱がん治療

    68歳の男性です。膀胱がんと診断され、膀胱全摘術をして人工膀胱を作る必要があるといわれましたが、セカ…
  4. 2017-5-8

    かんぽ”標準”勝ち取る

    日本郵政グループのかんぽ生命保険が米IBMの認知型コンピュータシステム「ワトソン」の本格運用を開始し…
  5. 2017-3-22

    生保、国内外でM&A

    新中計 成長基盤を構築 ​大手生命保険2社の新たな中期経営計画が2017年度から始まる。日銀のマイ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る