かんぽ”標準”勝ち取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本郵政グループのかんぽ生命保険が米IBMの認知型コンピュータシステム「ワトソン」の本格運用を開始して1カ月が過ぎた。

4月から保険金支払い業務がスタート。コールセンターでの運用も始まった。

スポンサーリンク



将来はゆうちょ銀行などグループ全体での運用のほか、生命保険会社や損害保険会社など同業他社とのシステム連携も視野に入れる。

「保険システムのデファクトスタンダードを狙いたい」

井戸潔かんぽ生命保険副社長は意気込む。

約3200万件と生保契約件数の過半を占めるかんぽ生命の基幹系システム「ワトソン」をオープン化した。

かんぽ生命の年間保険金請求は約260万件。このため査定人数も2000人弱と極めて多い。

少子高齢化、人手不足が進む中、人材の確保と教育・訓練が大きな悩みだった。

井戸副社長は「5年で償却する」とし、5年間でハード調達・保守コストを5年前に比べ320億円と削減。ソフト開発コストも180億円の削減が可能だとしている。

開発当初から基幹系システムの連携サーバは接続系メーンフレームを廃止してオープン化した。

(日刊工業新聞 2017/05/04)

スポンサーリンク



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-10

    「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

    ​第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。 被保…
  2. 2017-2-22

    6.法人保険のアプローチ

    社長に響かない3つの言葉 ・保険の見直しをしませんか? ・保障内容の確認をしませんか? ・…
  3. 2017-10-6

    住友生命保険 短期投資でも利益逃さず

    日銀のマイナス金利政策について、 藤戸専務は「プラスに働いた点も多い」、「運用はどんな市場環境でも…
  4. 2017-3-24

    ロボの不調 保険で安心

    東京海上日動火災保険は、介護ロボットや人の話し相手などをするコミュニケーションロボットを対象にした「…
  5. 2017-7-5

    認知症対応商品を積極開発 保険各社、賠償請求の高額補償など

    認知症の患者数が増える中で、保険各社が治療や介護のための出費に備えた商品を積極的に開発、販売している…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る