人の心を動かす革新こそ ライフネット生命保険社長岩瀬大輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インシュアテック

金融とテクノロジーの融合と称した「フィンテック」と並んで、保険とテクノロジーの融合を意味する「インシュアテック」という言葉も、業界では一つのバズワードとなっている。​

スポンサーリンク


米国で注目されているインシュアテックの事例としては、ネット経由で保険加入を簡易にするネット生保のほか、画像認識や参加交流型サイト(SNS)上のビッグデータ解析を活用して新規契約時の審査を簡易にするものがある。

これまでは、いったん加入してしまうと契約者と生命保険会社との結びつきは弱まってしまう傾向にあった。

これからはスマホ経由で契約者とつながり、生命保険会社がいつでもどこでも契約者に寄り添えるようになるだろう。

また、従来は契約時の健康状態を根拠に数十年の長期契約の保障を設定していたが、今後は契約後にも継続的に健康関連データを得ることで、さらにダイナミックな価格設定が可能になるかもしれない。

革新を生み出すテクノロジーはすでにそこにある。

技術的には実現可能だ。新しいサービスが社会に浸透するか否かは、それが人間の本能的欲求に直結して行動変容を促すことができるか否かにかかっている。

消費者アンケートの回答には表れない、人間に関する深い洞察と理解が欠かせないだろう。

(日刊工業新聞 2017/11/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-11-6

    挑戦と安定 両立探る NEXT1000

    NEXT1000 日本経済のけん引役として期待される「NEXT1000」を対象に、フリーキャッシュ…
  2. 2018-3-7

    死亡率改定へ対応出そろう、生保各社

    保険料算定の基準となる標準死亡率の4月改定への生保各社の対応が出そろった。 日本生命保険や富国生命…
  3. 2017-6-6

    アクサ生命 変額保険商品 神奈川銀と長野信金で窓口販売

    アクサ生命保険は神奈川銀行と長野信用金庫を通じて、「アクサ生命の資産形成の変額保険ユニット・リンク保…
  4. 2017-6-21

    健保 生保が助っ人(明治安田や日生 従業員の健康指導)

    生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次…
  5. 2018-5-18

    日生が保険ショップ向け商品 新会社、伊藤忠出資も

    日本生命保険は、若い世代や家族連れの顧客が多い保険ショップ(販売代理店)向けの保険開発を始める。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る