人の心を動かす革新こそ ライフネット生命保険社長岩瀬大輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インシュアテック

金融とテクノロジーの融合と称した「フィンテック」と並んで、保険とテクノロジーの融合を意味する「インシュアテック」という言葉も、業界では一つのバズワードとなっている。​

スポンサーリンク


米国で注目されているインシュアテックの事例としては、ネット経由で保険加入を簡易にするネット生保のほか、画像認識や参加交流型サイト(SNS)上のビッグデータ解析を活用して新規契約時の審査を簡易にするものがある。

これまでは、いったん加入してしまうと契約者と生命保険会社との結びつきは弱まってしまう傾向にあった。

これからはスマホ経由で契約者とつながり、生命保険会社がいつでもどこでも契約者に寄り添えるようになるだろう。

また、従来は契約時の健康状態を根拠に数十年の長期契約の保障を設定していたが、今後は契約後にも継続的に健康関連データを得ることで、さらにダイナミックな価格設定が可能になるかもしれない。

革新を生み出すテクノロジーはすでにそこにある。

技術的には実現可能だ。新しいサービスが社会に浸透するか否かは、それが人間の本能的欲求に直結して行動変容を促すことができるか否かにかかっている。

消費者アンケートの回答には表れない、人間に関する深い洞察と理解が欠かせないだろう。

(日刊工業新聞 2017/11/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-30

    チューリッヒ生命 終身医療保険の保険料引き下げ

    チューリッヒ生命保険は、9月2日から終身医療保険2商品の保険料を見直し、30-40代が加入しやすい価…
  2. 2018-5-8

    大手生保4社 外債拡大 今年度計画 国内金利低水準で

    大手生命保険4社の2018年度の資産運用計画が出そろった。 日銀による金融緩和で国内の金利が低水準…
  3. 2017-5-25

    生保4社2.7兆円減収

    ​日本生命など大手4社の2017年3月期決算は、売上高に当たる国内の保険料等収入が前の期に比べ16%…
  4. 2018-4-5

    生協健保 解散を検討

    全国の生協(コープ)の従業員や扶養家族約16万4000人が加入する「日生協健康保険組合」が、早ければ…
  5. 2017-5-2

    第一生命 個別開示へ(株主総会での決議権行使)

    ​第一生命保険は、投資先企業の株主総会で各議案投じた賛否を個別に開示する方針を決めた。 ​第一生命…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る