明治安田生命 商品説明で社内検定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は8月に予定する同社初の外貨建て保険の販売にあたり、社内の営業職員を対象に専用の検定制度を導入する。

​外貨建て保険は利回りが高い一方、為替・金利動向で元本割れする可能性がある。

営業職員の商品説明レベルを計る検定を用意し、合格した職員のみに販売を認め、加入者へのリスクを説明する。

取り扱うのは外貨建て一時払い養老・終身保険。

高利回りが期待できる外貨建て保険だが、為替変動で受取金が大きく減少する可能性もあるため、加入者の認識不足によるトラブルの発生が懸念される。

専用の社員検定を通じて営業職員の説明レベルを向上させるほか、根岸秋男社長は「加入者がリスクを理解しやすいよう、商品自体もシンプルにする」と対応策を語る。

「保険会社らしく長期の資産形成に向いた商品にする」意向だ。
(日刊工業新聞 2017/04/21)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    3.成長期

    成長期の法人とは、おおよそ創業10年を超え毎年増収を継続するような、伸び盛りの時期です。 事業を継…
  2. 2017-12-5

    来年4月、日本法人社名「アフラック」

    ​米保険大手のアメリカンファミリー生命保険(アフラック)は4日、来年4月に営業を始める日本法人の社名…
  3. 2018-5-31

    若年層、年間2万1400人がん発症…初の推計

    国立がん研究センターは、15~39歳の「AYAアヤ(Adolescent and Young Adu…
  4. 2018-1-17

    ビール3本以上は要注意!肝臓疾患を徹底解説

    お酒の飲みすぎは肝臓に負担がかかる、ということはよく知られたことです。 では、具体的にどのくら…
  5. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る