明治安田生命 商品説明で社内検定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は8月に予定する同社初の外貨建て保険の販売にあたり、社内の営業職員を対象に専用の検定制度を導入する。

​外貨建て保険は利回りが高い一方、為替・金利動向で元本割れする可能性がある。

営業職員の商品説明レベルを計る検定を用意し、合格した職員のみに販売を認め、加入者へのリスクを説明する。

取り扱うのは外貨建て一時払い養老・終身保険。

高利回りが期待できる外貨建て保険だが、為替変動で受取金が大きく減少する可能性もあるため、加入者の認識不足によるトラブルの発生が懸念される。

専用の社員検定を通じて営業職員の説明レベルを向上させるほか、根岸秋男社長は「加入者がリスクを理解しやすいよう、商品自体もシンプルにする」と対応策を語る。

「保険会社らしく長期の資産形成に向いた商品にする」意向だ。
(日刊工業新聞 2017/04/21)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-21

    異業種襲来 保険ショップ転機 少子高齢化・マイナス金利 経営環境厳しく

    複数の保険会社の商品を比較・検討しながら販売できる利点を強調してきた乗り合い代理店(保険ショップ)に…
  2. 2018-5-23

    iPS心臓治療 臨床承認 世界初筋肉細胞移植

    厚生労働省の再生医療等評価部会は16日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心臓の筋肉細胞をシー…
  3. 2017-7-25

    「保険デザイン」 住友生命が買収

    住友生命保険は24日、関西を中心に保険の乗り合い代理店を展開する「保険デザイン」を買収すると発表した…
  4. 2017-2-28

    2、アポイントメント

    ここで考えなければいけないことは、「アポを取る」という一点です。 生命保険の内容など話す必要はあり…
  5. 2018-11-19

    明治安田や第一生命、米国で商業用不動産投資 子会社通じ

    ​明治安田生命保険と第一生命保険は今秋から、米国のそれぞれの子会社を通じて、相次いで商業用不動産分野…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る