明治安田生命 商品説明で社内検定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は8月に予定する同社初の外貨建て保険の販売にあたり、社内の営業職員を対象に専用の検定制度を導入する。

​外貨建て保険は利回りが高い一方、為替・金利動向で元本割れする可能性がある。

営業職員の商品説明レベルを計る検定を用意し、合格した職員のみに販売を認め、加入者へのリスクを説明する。

取り扱うのは外貨建て一時払い養老・終身保険。

高利回りが期待できる外貨建て保険だが、為替変動で受取金が大きく減少する可能性もあるため、加入者の認識不足によるトラブルの発生が懸念される。

専用の社員検定を通じて営業職員の説明レベルを向上させるほか、根岸秋男社長は「加入者がリスクを理解しやすいよう、商品自体もシンプルにする」と対応策を語る。

「保険会社らしく長期の資産形成に向いた商品にする」意向だ。
(日刊工業新聞 2017/04/21)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-2

    住生が代理店販売倍増

    住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大する。 子会…
  2. 2017-7-21

    24日テレワーク・デイ 生損保、積極参加

    政府が勤務体制の柔軟化を目指して呼びかけている24日の「テレワーク・デイ」に呼応し、生損保各社が取り…
  3. 2018-11-28

    生保シニア現役長く 定年、60歳から65歳に/「役職定年」を廃止

    生命保険各社で、定年を見直す動きが加速している。 日本生命保険や明治安田生命保険が現在の60歳から…
  4. 2018-9-25

    日生、保険代理店仲介サイトの運営VB買収

    ​日本生命保険は、保険販売代理店仲介サイトを運営するベンチャー企業を買収する。 月内にも決議する。…
  5. 2017-6-13

    保険比較開発 内外から批判 アイリックコーポレーション社長 勝本竜二さん 「顧客第一」貫き成長

    勝本さんは保険代理店を設立し、「本当に必要な情報を顧客は受け取っているのか」という思いから、各社の契…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る