日生、社内トライアル 唾液でがん診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は唾液でがんの罹患リスクをチェックする検査機器「サリバーチェッカー」の社内トライアルを開始した。

希望する社員計1000人がテストする。

唾液に含まれる物質を高精度分析し、がんで異常値を示す物質の濃度を統計的に解析することで、がんに罹患しているか検査する。

営業企画部担当部長は「トライアルを通じて技術の確立、健康寿命の延伸につなげたい」と狙いを語る。

参加者は「一般的ながん診断と違い無痛。

会社でテストできたのがありがたかった」と感想を述べた。

(日刊工業新聞 2018/01/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    女性の活躍支援多様化

    リース各社、働き方柔軟に​ リース各社が取り組む女性活躍推進の中身が多様化してきた。従来の女性活躍…
  2. 2017-5-25

    がんにならない!ための予防法 6項目

    日本ではおよそ「2人に1人」ががんになると言われ「3人に1人」ががんで亡くなっています。 (がんの…
  3. 2017-2-28

    3、ファーストアプローチ(初回面談)

    初めて見込み客に会う段階では、個別のニーズについて話をするわけにはいきません。 まずは、年代であっ…
  4. 2018-12-7

    「節税保険」の見直し要求 金融庁、高い返戻金を問題視

    金融庁が生命保険業界に一部商品の設計の見直しを求めた 中小企業経営者向けの死亡定期保…
  5. 2017-2-22

    金融庁、生保に不信、「地銀の経営、大株主として監視を」

    生命保険業界が金融庁幹部の発言に揺れている。 主な生保会社は上場地銀の株式を数多く持つ「地銀界の大…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る