診断の遅れ、保険で減らす 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命大場社長インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超高齢社会になりました。長寿は喜ばしいですが、長生きのリスクに直面するようになりました。

生命保険をご契約いただくお客様の真の願いは、保険金を受け取ることにより、保険金を受け取らなくてよい状況が長く続くことだと考えています。

我々はお客様に万が一の場合の保証を提供するだけでなく、健康になるのをお手伝いする「健康応援企業」になることを目標に掲げています。

そこで、保険(Insurance)と健康(Healthcare)を合わせた「Insurhealth(インシュアヘルス)」の商品開発を始めました。

​​​

今年4月に発売した収入保障保険「リンククロス じぶんと家族のお守り」はその第1弾です。

契約から2年以上たったときに、健康状態をチェックし、一定の基準を満たせば、その後の掛け金が安くなるうえに、加入時からの保険料額相当分をお返しします。

健康活動に取り組むきっかけとなったと支持をいただき、8月末には申込件数が6万件を超えました。

10月には新しい認知症保険「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」を発売します。

MCI(軽度認知障害)で保険金を受け取れる業界初の商品です。

認知症は本人も認めたくありません。診断が遅れると、結果的に症状が重くなってしまうことがあります。

MCIの段階で本人がまずはしっかり認識する。そのうえで、我々が提供する予防プログラムに取り組んでいただくのです。

認知賞になる方を一人でも減らすことに貢献できればと考えています。

(読売新聞 2018/09/21)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-23

    卓見異見 がんと就労 ライフネット生命保険社長岩瀬大輔 療養離職防ぐ企業体制に

    がんの治療をしながら仕事を続けることは、治療費を稼ぐという経済的意味だけでなく、患者が社会と関わり続…
  2. 2018-7-12

    体重減らして保険料安く

    人生はいつも順風満帆とは限らない。 思わぬ病気やけがで入院したり、介護を受けるようになったり。ライ…
  3. 2017-12-26

    がん治療 オーダーメイド目指す

    がんのオーダーメイド型医療を国が推進している。 国立がん研究センター中央病院は来月にも、個人ごとに…
  4. 2017-3-13

    自らつかみとる

    「自らつかみとる」 子供のころ、百科事典と国語辞典を読む(見る)ことが大好きでした。勉強している気…
  5. 2017-9-22

    糖尿病 初の1000万人(国民健康・栄養調査 高齢化が影響)

    ​糖尿病が強く疑われる患者が2016年に推計1千万人に上ったことが21日、厚生労働省の国民健康・栄養…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る