診断の遅れ、保険で減らす 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命大場社長インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超高齢社会になりました。長寿は喜ばしいですが、長生きのリスクに直面するようになりました。

生命保険をご契約いただくお客様の真の願いは、保険金を受け取ることにより、保険金を受け取らなくてよい状況が長く続くことだと考えています。

我々はお客様に万が一の場合の保証を提供するだけでなく、健康になるのをお手伝いする「健康応援企業」になることを目標に掲げています。

そこで、保険(Insurance)と健康(Healthcare)を合わせた「Insurhealth(インシュアヘルス)」の商品開発を始めました。

​​​

今年4月に発売した収入保障保険「リンククロス じぶんと家族のお守り」はその第1弾です。

契約から2年以上たったときに、健康状態をチェックし、一定の基準を満たせば、その後の掛け金が安くなるうえに、加入時からの保険料額相当分をお返しします。

健康活動に取り組むきっかけとなったと支持をいただき、8月末には申込件数が6万件を超えました。

10月には新しい認知症保険「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」を発売します。

MCI(軽度認知障害)で保険金を受け取れる業界初の商品です。

認知症は本人も認めたくありません。診断が遅れると、結果的に症状が重くなってしまうことがあります。

MCIの段階で本人がまずはしっかり認識する。そのうえで、我々が提供する予防プログラムに取り組んでいただくのです。

認知賞になる方を一人でも減らすことに貢献できればと考えています。

(読売新聞 2018/09/21)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-15

    総合職初任給、来春値上げ(明治安田生命)

    ​明治安田生命保険は2019年4月から、総合職の初任給を11年ぶりに引き上げる方針だ。 「全国型」…
  2. 2017-2-21

    第一生命保険が日本調剤と提携

    第一生命保険とネオファースト生命保険は20日、日本調剤と業務提携したと発表した。 日本調剤の調剤薬…
  3. 2017-3-24

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 AI使い当日処理

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は保険金支払い業務を自動化。 保険金の支払いを当日中に完了…
  4. 2018-2-5

    生活習慣病でも保険加入OK

    ​​生命保険業界で医療ビッグデータを活用する動きが広がってきた。 かんぽ生命保険は契約者の病歴など…
  5. 2017-3-21

    異業種襲来 保険ショップ転機 少子高齢化・マイナス金利 経営環境厳しく

    複数の保険会社の商品を比較・検討しながら販売できる利点を強調してきた乗り合い代理店(保険ショップ)に…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る